FXはメキシコペソ通貨のスワップ投資が熱い!利息生活も夢ではない?取引業者も続々増加中

最近FX投資で人気が出てきているメキシコペソ通貨。

メキシコペソの人気の秘密は高金利通貨であること。

そして今後の経済発展の将来性が大きい。

また稀に見る資源国であること。

つまりFX投資のスワップ投資の対象として魅力ある通貨なんです。

しかし、メキシコペソは数年前まではFXの投資対象としては全く「蚊帳の外」だったマイナー通貨でした。

正直誰も見向きもしなかった?!

私もFX投資を10年以上やっていますが、今までメキシコペソに関しては全くノーマークでした。

同じ新興国の通貨ならば南アフリカランドがあるし、トルコリラもある。

また、その他の高金利通貨にオーストラリアドル、ニュージーランドドルも昔から根強い人気がある。

アメリカの米ドルも最近はスワップポイント(利息)がまぁまぁ良くなってきた。(日本が金利低すぎだから?!)

スワップポイント(利息)をゲットする目的で長期投資をするなら、何もメキシコペソなんて投資しなくても、他にも色々魅力的な通貨がある。

しかし、このメキシコペソ!なかなか侮りがたし!!

私はメキシコペソがFXのスワップ投資対象としてかなり魅力的な通貨であることを最近知りました。

そしていても立ってもいられなくなり、すぐにメキシコペソ通貨のスワップ投資を始めました\(^o^)/

今までは、南アフリカランドをメインに10年位スワップ投資を続けていたのですが、南アフリカランドの手持ちのポジションの大半を手放しました。

そして、その代りにメキシコペソの買いポジションを買い増して通貨の入れ替えを行ったのです。

現在もFXスワップ投資のポジションの大半はメキシコペソ通貨。

そして南アフリカランドとトルコリラのポジションを少々。

結果的にはこれで良かったと思っています。

スワップ投資のパフォーマンスもなかなか良いです。

貴方ももしFXでスワップ投資に興味があるなら、又は既にFXスワップ投資をやったことがあるならば、是非メキシコペソ通貨に目を向けて見て下さい。

この記事を読んだらきっと貴方は今すぐにでもメキシコペソ通貨でFXスワップ投資をしたくなるでしょう\(^o^)/

「よし!!全財産をメキシコペソ通貨にぶち込むぞ~~~!」・・・となるかもしれません(いや、、それはダメです!無理をしない程度に投資しましょう・汗)

将来、FXで利息生活も夢でない?!

勿論、リスクもあるのでリスク管理をしっかり行いつつFXスワップ投資に取り組んで下さい。

メキシコペソはFXのスワップ投資対象として最適の通貨か?!

結論から言いますと・・・・メキシコペソ通貨はFXのスワップ投資対象として最適です。

これは私自身が現在、FXでメキシコペソ通貨をメインにスワップ投資しているからこそ断言できます。

今まで私はFXで色々な通貨でスワップ投資を行ってきました。

「米ドル」、「オーストラリアドル」、「ニュージーランドドル」、「ユーロ」、「ポンド」、「南アフリカランド」、「トルコリラ」、「メキシコペソ」など幅広い通貨で実際にスワップ投資を行いその実感を試してきました。

色々な通貨でFXスワップ投資をしてきて一番しっくりと来たのがメキシコペソでした。

それまでは南アフリカランドの通貨メインで長年スワップ投資をやっておりました。

しかし最近、メインのスワップ投資対象を南アフリカランド⇒メキシコペソに入れ替えました。

勿論、この判断は間違っていませんでした。

南アフリカランドからメキシコペソに入れ替えて本当に良かったと思っています(^^)

では何故メキシコペソ通貨はFXのスワップ投資対象として優れているのか?

以下の表を見て下さい。

メキシコペソ通貨がFXスワップ投資として優れている理由
メキシコという国の将来性 世界有数の資源国

※石油資源は世界トップレベル(油田多い)

※銀、オパール、銅などの鉱物資源豊富

※海に囲まれていて水産業、漁業盛ん

※観光資源、ビールなどの生産も多い

※アメリカと陸続き、貿易盛ん

※アジア、オセアニア、欧州向けの貿易も地の利

※自動車工場、家電など工業化が進む

メキシコの人口 働き盛りの若い世代が大半

※人口1億3千万人

※日本のように高齢化社会では無い

金利が高い メキシコの政策金利は8%以上
(2019年6月現在)

※今後も利上げの可能性も高い

有利な条件でFXスワップ投資
が可能
(10万ペソの投資で得られる1日のスワップ収入)
※2019年6月現在

◇外為ドットコム⇒120円

◇みんなのFX⇒160円

◇ヒロセ通商⇒150円

◇FXプライム⇒120円

◇マネーパートナーズ⇒110円

◇セントラル短資⇒160円

※少ない投資資金で利息収入が沢山得られる!

少ない証拠金で投資が出来る 10万ペソ当たり必要証拠金
※2019年6月現在

◇外為どっとコム⇒30,000円

◇みんなのFX⇒23,600円

◇ヒロセ通商⇒60,000円

◇FXプライムbyGMO⇒23,600円

◇マネーパートナーズ⇒40,000円

◇セントラル短資⇒22,000円

・下落リスク幅が低い

・値動き相場が比較的安定

メキシコペソ通貨は現在5円台(2019年6月現在)

最悪通貨が0円になっても下落幅が5円位で済む
※もともと安い通貨だから。

メキシコペソの過去値動きは4円~8円と幅が狭い。

ドルやユーロ、ポンド、トルコリラみたいに短期間で
10円以上動くという変動リスクが少ない。

メキシコペソとは?詳しく分かり易く通貨を解説~値動きや政策金利、リスク、スワップ投資の適正

メキシコペソはメキシコ合衆国の通貨です。

FXのトレード画面では「MXN」の記号で表記されております。

最近FXで人気が上昇中の高金利通貨であります。

高金利通貨だけに、FXでの投資手法は利息収入目的のスワップ投資に最適の通貨といえます。

ちなみにメキシコの政策金利は「8.25%」(2019年6月現在)

非常に高金利です。

FXスワップ投資先として魅力的。

ところで、他国の高金利通貨と比較しますと・・・・

◇トルコリラ・・・・・24%

◇南アフリカランド・・・6.75%

◇メキシコペソ・・・・8.25%

利息の高さだけで言えばトルコリラの24%が破格で魅力的に見えます。

しかし、トルコリラは現在特殊な状況でありかなりハイリスク。

トルコリラはメインでスワップ投資するには適さない危険な通貨です(汗)

※副通貨として小額でやるならOK

そして南アフリカランド。

こちらは政策金利が6.75%となかなか悪くない水準です。

私も最近まで南アフリカランドをメインの投資先として10年近くスワップ投資をしておりました。

しかし、金利水準はメキシコペソの方がずっと上です。

南アフリカもメキシコも同じ資源国であり、将来の経済成長が期待できる通貨です。

しかし我々日本人としては南アフリカよりも、アメリカ隣接しているメキシコの方が身近な国です。

メキシコはアメリカの政治や経済などの影響を受ける事が多いので、南アフリカよりも情報もつかみやすく投資しやすいといえます。

アメリカの政治経済を大まかにウォッチしていればおのずとメキシコの政治経済も分かってくる!

メキシコは産油国でもあるので原油の価格変動にメキシコペソ通貨の値動きが影響されて相場も読みやすいです。

またメキシコペソ通貨の値動きは、トルコリラや南アフリカランドのように上下に激しくブレることも少ないです。

メキシコペソは上値が重く値上がりの期待はあまりありませんが、急暴落することもあまりありません。

仮に暴落したとしても、元々5円台の安い通貨なので、下値は0円~5円と暴落幅は少なく安心。

ハイレバレッジで無茶な投資をしない限り強制ロスカットのリスクは少ないです。

過去の南アフリカランドやトルコリラみたいな壊滅的かつ破壊的な暴落をすることも滅多ににないでしょう。

「騰がり難いけど下がり難い」・・・・・こういうメキシコペソ通貨の値動きの印象です。

メキシココペソは値動きがあまり無いのでつまらなく思う人もいるでしょうが、長期持ち続ける投資スタンスのスワップ投資に最適です。

値動き相場があまり動かないのでずっと安心してポジションを持っていられます。

トルコリラなどのポジションを持つといつ壊滅的な暴落をする・・か冷や冷やして夜も枕を高くして寝れませんからね(笑)

何度も繰り返しになりますが・・・メキシコペソ通貨は現在スワップ投資目的として最適な通貨といえます。

メキシコペソ通貨の今後。将来性はあるか?リスクはどれくらい?

メキシコペソと南アフリカランドの比較~どちらがFXスワップ投資でオススメか?

メキシコペソとトルコリラの比較~どちらがFXスワップ投資でオススメか?

メキシコペソでFXのスワップ投資のメリットとデメリット

メキシコペソでスワップ利息生活も可能?

メキシコペソ通貨を取り扱っているFX会社の一覧・比較