味噌汁を飲めば良い事づくめ?!健康と美容と長生きの驚くべき効果効能

日本の日常で何気なく出てくる味噌汁。

この味噌汁って実はすごいんです。

何が凄いのかと言いますと、この記事を読めば納得するでしょう。

今の世知辛い日本だからこそ是非とも味噌汁を飲んでほしい!

この世知辛い世の中を味噌汁で元気を取り戻し、この世知辛い世の中を乗り切ることが出来るでしょう☆

今日の記事テーマは日本のソウルフードでありパワーフードでもある味噌汁についてです。

味噌汁を飲まないのは大変な機会損失!

日本の代表的な食文化の代表的な食べ物・・・・・味噌汁

日本の伝統的な発酵食でありソウルフードの一つでもあります。

日本の日常に当たり前のように出てくる味噌汁ですが、実はこの食べ物は非常に優れたパワーを持っています!

海外では味噌や味噌汁は健康食として人気

その一方では昨今の日本では洋食化が進み味噌汁を飲む人は少なくなったのでは?!

しかし、味噌汁を飲まないのは大変勿体ない!!

味噌汁を飲まない事による機会損失は計り知れない。

貴方は味噌汁を知れば知るほど、味噌汁を飲まない事による機会損失を感じるでしょう。

貴方(貴女?)が健康意識や美容意識、そして長生き願望があるならば味噌汁を深くしれば今すぐ飲みたくなるはずです。

この記事を読んだ貴方は今すぐ味噌汁をお買い求めにスーパーに走るでしょう\(^o^)/

味噌汁の効果について

ここでズバリ、みそ汁の効果についていくつか取り上げてみます。

これを見れば貴方も毎日味噌汁が飲みたくなるはず!!

ちなみにインスタントの味噌汁でも効果があると言われております。

コスパの高い食健康法ですね!

1)がんのリスク減

※1日3杯以上の味噌汁で乳ガンが40%減少(厚労省)

※味噌の塩分は胃がんを促進しない(広島大 研究)

※喫煙者も毎日味噌汁を飲むとがんの死亡率が低下(国立がんセンター)

2)老化防止

※発酵食品は老化の制御機能がある

※熟成された味噌は抗酸化力がアップ

3)生活習慣病のリスクが減る

※脳卒中、痴呆症、心臓病のリスクが減る

※骨粗しょう症の防止

※糖尿病の改善

※血圧上昇を抑える

4)美白、美肌効果

※味噌には良質なアミノ酸が含まれている。

※肌の角質の水分をアップ

※肌の弾力、キメ細かさをアップ

※ヨーグルトやチーズには負けない物質

(味噌の美白、美肌効果をさらに詳しく分かりやすく・・・)

グルコシルセラミドが含まれています。

このグルコシルセラミドは肌の保湿力をアップさせ、肌の細胞を活性化させてくれます。

セラミドが増えると肌の水分がアップするのはコスメ業界では常識です。

多くの化粧品、化粧水にはセラミドが含まれています。

ちなみに、味噌汁以外でグルコシルセラミドが含まれている食品は以下の通りです。

・こんにゃく

・トウモロコシ

・りんごの皮

・甘酒

・こうじ

そう甘酒にも美肌効果があります!

甘酒についても詳しく分かりやすく記事を書きましたので是非参考にして下さい\(^o^)/

甘酒って健康、美肌効果あるの?効果が無いという声も多いが・・・実際に試してみた!

味噌汁の美容&健康法~効果的な味噌汁の飲みかた

味噌汁は飲む健康液、飲む美容液です。

これは甘酒と同じ。

効果的に飲めばそれだけで健康と美容が約束されたようなもの。

私も毎日味噌汁を飲んでいますが、病気知らずで50代でも肌がツヤツヤです!

年齢より5歳~10歳若く見られるとよく言われます☆

では実際に味噌汁の効果的な飲みかたってあるのでしょうか?

最もベストな飲みかたは1日三杯飲みます

朝の朝食時に1杯

昼の昼食時に1杯

夜の夜食時に1杯

合計3杯飲めば完璧ですが、無理しなくても良いです。

朝と夜の2杯でも十分ですし、1日一杯でも十分ですね。

ちなみに私は朝に自作の長生き味噌汁を1杯だけ飲んでいますがそれだけで十分に効果を実感しております。

自作の長生き味噌汁の作り方は後述します。

味噌汁の塩分は身体に害なのでは??

味噌汁を飲むにあたって一つ気になる点がありますよね?

それは「塩分の摂り過ぎになるのでは?」という心配と不安です。

味噌には塩分が沢山含まれております。

だから普段から味噌汁を飲む事で塩分の過剰摂取になっていくのではないかと心配される方もいるでしょう。

塩分の摂り過ぎによるリスクは色々言われておりますよね?

例えば血圧が上昇するとか、腎臓を悪くするとか・・。

しかしご心配なく!

塩分を味噌で摂ると血圧は上がらないのです。

あるマウス実験で同じ塩分が含まれている食塩水と味噌汁を飲ませて比較した結果、みそ汁を飲ませたマウスは血圧が上がらなかったという。

味噌には利尿作用もあるので、塩分が排出されてしまうとのこと。

だから味噌汁を飲んだからと言って血圧があがることはないのです。

また味噌自体には塩分が10%~13%含まれておりますが、お湯に溶かして味噌汁にすると味噌汁一杯あたり=1グラムの塩分となります。

つまりかなり塩分が希釈されるので大丈夫なのです!

人間が1日に塩分を摂取して良い分量は

男:8gまで

女・7gまで

・・・となっています。

従って、味噌汁1杯=1グラムの塩分量ですので、1日3杯飲んだとしても全然問題ないといえます。

だから味噌汁の塩分摂取は全然気にしなくて良いレベルです!

しかしそれでも気になる方は味噌汁にワカメやジャガイモ、玉ねぎなどを具材として入れておけば良いです。

ワカメ、ジャガイモ、玉ねぎにはカリウムが含まれていて塩分を排出する効果があります。

参考なまでに・・・・味噌汁の塩分量と他の食事メニューの塩分量を比較してみます。

味噌汁と他の食事の塩分量比較
味噌汁(1杯) 1.5グラムの塩分量
カップラーメン(1杯) 5.5グラムの塩分量
きつねうどん(1杯) 5.3グラムの塩分量
にぎり寿司(1人前・醤油込) 5グラムの塩分量
天丼(1杯) 4.1グラムの塩分量
塩さけ(1切れ) 3.5グラムの塩分量
カレーライス(1杯) 2.3グラムの塩分量
梅干し(1個) 2グラムの塩分量
アジのひらき(100グラム) 1.2グラムの塩分量
タクアン(3切れ) 1.3グラムの塩分量
ポタージュ(1杯) 1.2グラムの塩分量
ハム(3枚) 1.5グラムの塩分量

・・・・さぁ、どうでしょう?

他の食材、メニューに比べると味噌汁は意外に塩分が少ないことに驚かされます。

正直、普段から味噌汁を飲むのは塩分的に全然問題ないどころか健康に良い。

しかし普段からカップラーメンを食べている人は凄い塩分摂取をしていて健康に害であることが分かります。

カップラーメンとかきつねうどんとか食べてばかりいる人は、今日から味噌汁に切り替えましょう♪

誰でも簡単に作れる長生き手作り味噌汁の作り方

味噌汁は基本何を飲んでもOKです。

インスタントの味噌汁でも十分に健康と美容効果は発揮できます。

しかし、更に効果的な味噌汁を飲みたいならば自作が一番です!

「長生き味噌汁」というの味噌汁を作って普段から飲む習慣を持つとかなり良い感じになります。

PHPからだスマイル2019年3月号 老ける食べ物 VS. 若返る食べ物という本に「長生き味噌汁の作り方」が書かれております。

私自身、この本に書かれた「長生き味噌汁」を実際に作って普段から飲んでいます。

これを実践してからは体調がかなりいい感じです。

長生き味噌汁完成品

お蔭様で病気知らずで毎日元気はつらつです!

この長生き味噌汁の作り方は凄く簡単で、一度まとまった量を作ってしまえば後は冷凍庫に保存しておけます。

作り置きが出来るので便利でお手軽。

一度作ってしまえば普段はインスタント味噌汁のようにお湯をかけるだけで飲めます。

こんな感じで製氷皿にストックしておけます!!
↓↓↓
長生き味噌汁 製氷皿

本書の「長生き味噌汁」の簡単な作り方をザッと抜粋します。

(長生き味噌汁の作り方)

【材料~味噌汁10杯分】

・赤味噌:80グラム
・白味噌:80グラム
・玉ねぎ・・・80グラム
・リンゴ酢・・・大さじ1杯

材料はこれだけです!
非常にシンプル。

一口大の「味噌玉」を10個作って冷凍庫に保存できます。
味噌玉1個が1食分です。

(作り置きできる!10食分の味噌玉の作り方)

1)玉ねぎをすりおろす

※ボウルにすりおろします

長生き味噌汁の作り方

2)すりおろした玉ねぎに赤味噌、白味噌、リンゴ酢を混ぜる

ボウルに入れて混ぜ合わせます

長生き味噌汁 リンゴ酢

長生き味噌汁 作り方 簡単

3)製氷皿に入れて冷凍します

※製氷皿は100円ショップでも売っています!

縦35ミリ、横40ミリ、深さ35ミリのサイズの製氷皿がベストです。

この凍らせた味噌玉が味噌汁1杯分に相当します。

長生き味噌汁 製氷皿

・・・・後は飲みたい時に冷凍庫から取り出して製氷皿に凍った味噌玉を1個お椀に入れてお湯を注ぐだけ。

インスタント味噌汁と同じようにお手軽簡単に飲めます!

長生き味噌汁 味噌玉

物足りない人は何か具を入れて飲んでも良いでしょう。

(長生き味噌汁の効果)

・腸内環境を整える

・老化を抑制

・高血圧防止

・脳卒中やガンなど予防

・美肌効果

赤味噌には抗酸化作用があります。

白味噌にはストレスを軽減する効果があります。

玉ねぎは解毒作用

リンゴ酢はカリウムが豊富

是非お試しあれ!!

詳しくは・・・PHPからだスマイル2019年3月号 老ける食べ物 VS. 若返る食べ物に長生き味噌汁について詳しく書かれております。

他にも人間の健康に欠く事の出来ない重要な食べ物や、人間の健康を害する食べ物などについて分かりやすく書かれていて大変為になります。

一読をお勧めします!

味噌汁は玄米と一緒に食べれば効果倍増!

玄米の健康効果も素晴らしいので是非普段の食生活に取り入れましょう\(^o^)/

玄米と味噌汁

参考記事⇒玄米の驚愕すべき健康と美容効果。これを知ったらもう白米は食べれない

この世知辛い世の中、健康で元気であれば何とかなります!!

健康のも素は食生活にあり!!

普段の食生活を通して体を整えていけば、病気知らずの元気な肉体を維持できます。