もうキャリアはアホらしくて使えない!格安スマホ(格安SIM)で年間5万~10万円確実に得する!通信速度が早くてコスパの高いお勧めはこれだけだ!

【現状ではどこの格安スマホ(SIM)がオススメか?】

今のところ一番オススメなのは「U-mobile
」一択です!!

格安SIMをお求めなら「U-MOBILE」

早くて、安くて、使い勝手が良い。

数ある格安スマホ(SIM)の中ではU-mobileが一番満足できるでしょう。

使い放題プラン月2980円~から

しかもスイスイと早くて他社の格安スマホよりもストレス無く使えます。

驚きの低価格で高品質な通信サービス「U-MOBILE」




【まだキャリア携帯を使って損をしているのですか?】

携帯電話は今の我々には外せない必携アイテム。

携帯機器がガラケーからスマホになってから、更に今まで以上に携帯は切っても切れない必需品となりました。

しかし、このスマホという必需品は結構な「金食い虫」でもあります。

私も以前からずっとスマホの金食い虫ぶりは気になっていました。

私の場合、普通に使っても月間でスマホの料金(通信費含む)が1万2千円位かかっていました。

ちなみにNTTドコモのキャリアを利用。

スマホにしてから5年以上の利用ですから、スマホだけでも60万円以上のお金を使ったということになります。

「今まで一体どれだけドコモに金を貢いでるねん!!」・・・と思いました。

私よりもスマホのヘビーユーザーはもっと毎月お金がかかっているのでは?

スマホで動画を観たりゲームをやったり、友達とLINEしたり、インスタグラムなどのSNSをやったり。

私のように普通に使っていても1万円を軽く超えてしまうのですから、ヘビーユーザーの人は1万5千円とか軽く携帯料金がかかってしまうでしょう。

また、かなり控えめにスマホ利用しても月間7千円位はかかります。

これが大手3社(ドコモ、AU、ソフトバンク)のキャリア携帯の料金相場の現実・・・。

冷静に考えると・・・携帯だのスマホだのって正直すごい「金食い虫」ですな(汗)

「なんとかならんのかいな??」

私はいつもそう思っていました。

しかし!!最近は本当に便利でお得な世の中になりました!!

今の時代では格安スマホというのが登場したからです。

正確には格安SIMと言います。

この格安スマホを使う事で、金食い虫だったスマホが、金食い虫でなくなるんです。

正に救世主!!

お財布に優しい、家計に優しい。

始めは「えっ?格安スマホ??これって大丈夫なの?」、、、、

「格安スマホに換えるの面倒だなぁ、、、手間をかけて乗り換えるメリットってあるの?」

「格安スマホって怪しい?本当に安心安全なの?」

・・・・そんな疑問をお持ちの方も多いでしょう。

しかし、その反面で「今のキャリア携帯(ドコモ、AU、ソフトバンク)の毎月の維持費が大変だ!もっと安くならないの?」・・・・と悩んでいる人も多いでしょう。

ズバリいきなり結論からいいますと・・・・格安スマホは最高です\(^o^)/

これを使い始めたらハッキリ言ってキャリア携帯なんかアホらしくて使っていられません(笑)

これは本当です。断言出来ます!!

実際に私自身が格安スマホ(格安SIM)試しに使って見て実感していることですから。。

その格安スマホに換えた方が良い理由をガッツリと解説していきますので是非参考にして下さい。

これを読み終わった貴方は、おそらく今すぐ格安スマホ(SIM)に変更したくて、居ても立ってもいられなくなります(笑)

格安スマホのススメ☆ぶっちゃけキャリア携帯電話は不要!貴方は年間5万円以上は損してる?!

スマホなど携帯電話を使っている人の大半は、いわゆるキャリア携帯を使っているのが現実。

キャリア携帯とはお馴染み「ドコモ、「AU」、「ソフトバンク」の3つの大手携帯通信会社の携帯です。

多くの人は、携帯やスマホを持つなら「とりあえずドコモかAUかソフトバンクにしておこう」という認識です。

しかし、その一方で一部の賢い人は「格安スマホ(格安SIM)」を上手く利用してかなり得をしているんです。

3大キャリアの携帯スマホは高いですよねぇ~~(汗)

普通に使っていても月の固定費は1万円前後かかる人が多いのではないでしょうか?

年間の携帯の支出が12万円とか余裕でかかってしまう人が大半だと思います。

収入が多くてお金に余裕がある人ならば月1万円とか年間12万円とか別に気にならないのかもしれませんが・・・

安い月給で働いている方や学生、フリーターの方、万年金欠の方にとっては携帯(スマホ)にかかる毎月、毎年の固定費はかなり重くてキツク感じるでしょう。

少し言い方が悪いですが・・・情報弱者は常に損をしてます。
資本主義社会に詐取されているといったら言い過ぎでしょうか?

しかし、そういう損をしている人が多い反面、一部のマメで賢い人は得をしております。

そう・・・・・「格安スマホ(格安SIM)」を上手く活用して月間、年間の携帯にかかる固定費用をかなり節約できているのです。

ちなみに格安スマホ(SIM)は少し充実した豪華なプランでも月間5000円あれば十分です。

もっと安いプランならば月間1000円台とか2000円台で十分使えるものもあります。

仮に5000円の充実した格安スマホの料金プランを利用したとしても、大手キャリアと比べて・・・その金額差はナント・・・・年間5万円以上!

更に上手くやれば年間7万円~8万円位は携帯スマホ代を浮かすことも可能です。

大きいですよね!この差は。

スマホ携帯代を年間5万円以上浮かす事はそんな難しい事ではありません。

貴方が最初にちょっとした手間とマメさがあれば、それが可能です。

仮にスマホ携帯代が年間5万円節約出来たら、10年で50万円!!

とてつもない金額が節約できます。

逆に言えば・・・今までどれだけスマホや携帯電話に無駄金を大手キャリアに貢いできたのかと悔しくなるでしょう。

さぁ貴方も今後は人生賢く生きて行きましょう\(^o^)/

格安スマホ(格安SIM)とは?

格安スマホとは、月額料金がかなり格安で利用できるスマホサービスをいいます。

「そんな所があるのか?」と思う人もいると思いますが、最近では結構普及していて、3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)などのスマホ携帯から⇒格安スマホ携帯に乗り換える人も増えてきております。

スマホ携帯にかかる月額料金が実に半分から~4分の1以上に節約することも可能です。

ちなみに格安スマホは「格安SIM」とも呼びます。

格安スマホのサービスの仕組みは格安の料金でSIMカードを提供するサービスであるからです。

呼び名は「格安スマホ」、「格安SIM」どちらでもよいと思います。

格安スマホのサービスは格安スマホ業者が運営しております。

色々な格安スマホ業者がおりますが、中にはドコモ、AU、ソフトバンクなど大手キャリアの子会社が運営している業者もあって安心です。

格安スマホ(格安SIM)会社の事業は、簡単に説明すると・・・・ドコモやAU、ソフトバンクなど大手の3大キャリアの携帯インフラ設備を借りて携帯通信サービス事業を行っている会社いうことです。

(格安スマホが安い理由は?)

格安スマホ(格安SIM)が安い理由は、大手キャリアの通信インフラ設備を借りて運営しているからです。

一方で我々が普段使っている大手キャリアのスマホ携帯の月額料金が高い理由は、通信設備投資や人件費、メンテナンス費、広告宣伝費などに莫大な経費がかかっているからです。

つまり大手キャリアは設備投資費、人件費、メンテナンス費などが料金に含まれているから月額料金が高いのです。

しかし、格安スマホ(格安SIM)業者は既存の大手キャリア通信設備を借りて運営されております。

従って通信の設備投資やメンテナンスをしている訳ではありません。

また、従業員もかなり少ないです。

維持費が人件費があまりかからないので、その分を携帯の月額料金を格安に抑えられるわけです。

格安スマホ(格安SIM)のメリット

1)安い月額料金でスマホ携帯が使える

※大手キャリアですと月平均が=8000円前後
※格安スマホ携帯ですと月平均が=3000円前後

・・・この比較を見ても一目瞭然!

少なくとも月額料金が半分以上に節約出来ます。

プラン次第では3分の1~4分の1以上に減らすことも可能!

2)2年縛りが無い(自由に乗り換え可能)

※大手キャリアだと一度契約すると2年間は続けないといけません。2年以内の途中解約をすると1万円位の違約金が発生します。
※格安スマホは2年間の縛りがあるところはほとんどありません。半年~1年位の期間でOKのところが多いです。

3)色々な格安携帯(SIM)会社から比較検討して選べる

※大手キャリアの場合はドコモ、AU、ソフトバンクの3社しか選べない
※格安スマホ(SIM)は業者数が10社以上存在します。そこから自分に合ったところを選べます

4)料金プランがシンプルで分かりやすい

※ご経験のある方がほとんどかもしれませんが・・大手キャリアの場合は料金プランが細かく複雑で分かり難いですよね?(汗)
※それに比べて格安スマホ(格安SIM)会社の料金プランは非常にシンプルで分かりやすい。初心者でも簡単に理解できます。

5)大手キャリアの電話番号を引き継いで使える(条件あり)

格安スマホ(格安SIM)会社は大手キャリアの通信回線を借りて運営されております。

貴方が今までドコモのキャリア携帯を使っていたならば、ドコモ通信回線を借りて運営されている格安スマホ会社を選べば引き続き、今までの電話番号が使えます。

また貴方がAUのキャリア携帯を使っていた場合も、AU通信回線を借りて運営されている格安スマホを選べばOK

貴方がソフトバンク携帯を使っていた場合も同様です。

格安スマホ(格安SIM)のデメリット

1)通信回線が大手キャリア携帯に比べてやや遅い

格安スマホ(格安SIM)会社は大手キャリアの通信回線の一部を借りて運営されております。

従ってユーザーが増えたり、皆が携帯を使う時間帯などは回線が混みあってネットの通信が遅くなる場合もあります。

ただこれも格安スマホ(格安SIM)会社によって速いところ遅いところなどまちまちです

中には大手キャリア並みに通信回線が速い所も有ります。

2)今まで使っていた携帯メールアドレスが利用できない

格安スマホ(格安SIM)は、今まで大手キャリアで使っていたようなメールアドレスが使えなくなります。

「〇〇〇〇@docomo.ne.jp」などのような携帯電話のアドレスです。

ただ今の携帯世代の方は、LINEなどを活用しているし、gメールなどのメールアドレスも携帯で十分に機能して使えるので従来の携帯アドレスが使えなくてもそれほど問題は無いかと思います。

3)長電話すると料金が高くなる

格安スマホ(格安SIM)会社は毎月の料金プランが安いのがメリットですが、通話料金はそれほど安くありません。

長電話をすると高くついてしまう場合もあります。

しかし、格安スマホ(格安SIM)会社には「5分かけ放題」、「10分かけ放題」などのプランもありますので、そういったお得なプランを上手く活用すれば問題ありません。

4)スマホ機種が大手キャリアほど高性能ではない

格安スマホ(格安SIM)会社で使用するスマホ(携帯機種)は大手キャリアのほど最新で超高性能の機種が使えるわけではありません。

大抵が型落ちしたスマホ、最新機種よりも機能を少し削られたスマホがメインです。

しかし機種にこだわりたい人は少し高いお金を払って高性能のスマホ機種を利用できる所もあります。

また格安スマホ(格安SIM)のスマホ機種が、大手キャリアなどの最新機種に比べて多少劣るとはいえ、普段利用には十分に使える物が多いので問題ありません

5)サポートが大手キャリアほど充実していない

大手キャリアのスマホ携帯を利用していれば、近くに窓口がいくらでもあるしサポートも親切で万全です。

そういう点では大手キャリアは人件費をかけているだけあってサポートが充実ですね。

一方で格安スマホ(格安SIM)会社は最寄りに窓口がある訳ではありませんし、サポートが充実している訳でもありません。

基本自分で解決する必要があるので、今まで大手キャリアのサポートに慣れている人は少し戸惑ってしまう場合もあるでしょう。

しかし、最近では格安スマホ(格安SIM)会社の中にも比較的サポートが充実している所も登場しております。

不安な方はそういうを業者を選ぶと良いですね。

おすすめ格安スマホ(格安SIM)7選の比較~早い!安い!使いやすい!の3拍子

以下の格安スマホ(格安SIM)会社は数ある格安スマホ携帯会社の中でも定評があります。

料金の安さは勿論のこと、回線速度の速さも比較的優れているといえましょう。

格安スマホ(格安SIM)を選ぶ基準はただ単に「安い」だけを見てはいけません。

いくら安くてもネットの回線速度が遅すぎて「トロ過ぎてつかえね~~~!」となってはイライラしますし、せっかく大手キャリあから格安スマホに乗り換えた意味もありません。

「安いだけ」に飛びつかず、ネット回線速度がサクサクと動くところも考慮に入れて格安スマホ業者を選びましょう。

格安スマホ業者名 使用回線 格安度 速さ コスパ
Yーmobile
(ワイモバイル)
独自 ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
U-mobile
(ユーモバイル)
ドコモ、ソフトバンク ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
UQ-mobile
(ユーキューモバイル)
AU ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
mineo
(マイネオ)
ドコモ
AU
ソフトバンク
☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆
LINEーmobile
(ラインモバイル)
ドコモ
AU
ソフトバンク
☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆
b-mobile
(ビーモバイル)
ソフトバンク ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆
DTI-mobile
(DTIモバイル)
ドコモ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆

Y-mobile(ワイモバイル)

安さ、速さ、使い勝手、サポートなど、どれをとってもバランスの良い格安スマホ(格安SIM)です。

ネット回線速度が速く、時には大手キャリアよりも速い時も!

現在利用中のスマホも設定の上、引き続き利用が可能。

ソフトバンク系ですが回線は独自のものを使っています。

ワイモバイルの店舗も多くサポートもキャリア並みに充実していて安心です。

家族割りプランもあり

音声通話は1回10分までの通話かけ放題が標準で付いているのが嬉しい

格安スマホデビューの方、初心者の方はワイモバイルの格安スマホ(格安SIM)を使えばまず間違い無いでしょう。

3つのシンプルな料金プランから選べます。

ワイモバイルの料金プラン Sプラン Mプラン Lプラン
初月(日割り) 2980円 3980円 5980円
2~13カ月までは 1980円 2980円 4980円
14カ月以降は 2980円 3980円 5980円
月間ネットのデータ容量 2G 6G 21G
音声通話サービス いずれのプランも
1回10分間かけ放題
特典は? いずれのプランも
Yahoo!プレミアム特典が
使い放題

U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile(ユーモバイル)はネットで簡単申し込み⇒格安SIMをお求めなら「U-MOBILE」

U-mobile(ユーモバイル)は最近注目すべき格安スマホ(SIM)会社の一つです。

安いだけでなく回線の早さも定評があります。

数ある格安スマホ(SIM)の中では最もコスパ的に優れているという口コミもよく聞きます。

月25GB(ギガバイト)の大容量でもリーズナブルな月会費(2880円)でスマホの利用が可能です。

通話は専用アプリを入れる事で半額に(10円/30秒)

MAX25プランの場合は1日3分無料(利用上限50回)のオプション(月500円)も付けられます。

ハッキリ言ってキャリア携帯を使うよりもずっとお得です。

利用の不便さもほとんど無いでしょう。

不安な方はまずは3GBの激安プラン(1580円)から始めてみるのも良いでしょう。

非常に使えるのでもうキャリア携帯はアホらしくて戻れないと感じるでしょう。

ドコモの回線、ソフトバンク回線の2つを使っているので、今までドコモやソフトバンクの携帯を利用していた方はそのままスマホを引き継いで利用出来ます。

ドコモユーザー、ソフトバンクユーザーの方は難しい設定もありません。(SIMカードを交換するだけ)

U-mobile(ユーモバイル)
の代表的な料金プラン
3Gプラン 5Gプラン 25Gプラン
MAX25
1か月の料金 1580円 1980円 2880円
月間ネットのデーター料 3G 5G 25G
音声通話サービス 国内通話:20円/30秒

※専用アプリ導入で半額に

※MAX 25プラン:1日50回・3分まで
かけ放題(月額500円)

使用回線 ドコモ、ソフトバンク
※U-mobile(ユーモバイル)は他にも色々なプランがあります
詳しくは公式HPでご確認下さい。

申し込みはネットで簡単⇒格安SIMをお求めなら「U-MOBILE」

UQ-mobile(ユーキューモバイル)

UQ-mobile(ユーキューモバイル)は今までAU携帯からの乗り換えにおすすめの格安スマホ(SIM)です。

勿論、新規で利用される方にも非常にお得で使い勝手が良いです。

回線の早さとリーズナブルな料金のバランスが良くコスパは非常に優れております。

料金プランは非常にシンプルで3GBプランと無制限プランの2つ。(音声付の場合)

通常、格安スマホを利用し始めると回線速度が遅くてストレスになるケースが多いですが、このUQ-mobile(ユーキューモバイル)はそのようなストレスはほとんど感じないでしょう。

ちなみに、UQ-mobile(ユーキューモバイル)の音声通話付きのプランは3GBプランと無制限プランの2つですが、3GBプランが1980円、無制限プランが2680円です。

両者の値段の差がそれほど大きく無いので無制限プランを選んだ方がお得です。

UQ-mobile(ユーキューmobile
の料金プラン)※音声通話付き
3GBプラン 無制限プラン
1か月の料金 1980円 2680円
音声通話料金 20円/30秒
契約期間 最低で1年のみ
※UQ-mobile(ユーキューモバイル)は、
その他、充実した音声プランがいくつもあります。
詳しくは公式HPでご確認下さい。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)は数ある格安スマホ(SIM)の中ではオールラウンドな選手☆

ドコモ、エーユー、ソフトバンクの3キャリアの回線に対応しております。

つまり貴方がドコモユーザーだろうが、AUユーザーだろうが、ソフトバンクユーザーだろうが、いずれも乗り換えが簡単に出来ます。

キャリア携帯から格安スマホ(格安SIM)に乗り換える時にストレスとなるのがSIMロック解除です。

しかしmineo(マイネオ)の格安スマホ(格安SIM)ならば、どのキャリアからの乗り換えでも、そのような面倒な設定も無いので安心ですね。

キャリアを選ばない格安スマホといえます。

料金プランはドコモ回線とエーユー回線が同じくらい。
しかしソフトバンク回線がやや割高となっております。

mineo(マイネオ)は格安スマホ(格安SIM)のアフターサービスも積極的に取り組んでおりコミュニティも活発。

またシンプルなプランで迷いもありません。

mineo(マイネオ)の料金プラン
※音声通話付きの場合
ドコモ エーユー ソフトバンク
500MB 1400円 1310円 1750円
3GB 1600円 1510円 1950円
6GB 2280円 2190円 2630円
10GB 3220円 3130円 3570円
20GB 4680円 4590円 5030円
30GB 6600円 6510円 6950円
音声通話料金 20円/30秒

LINE mobile(ラインモバイル)

LINE mobile(ラインモバイル)は、皆さんお馴染みのLINEが提供する格安スマホ(SIM)のサービスです。

シンプルで分かりやすい料金プランと独自サービスが売りでLINEの人気と知名度も手伝って利用者も増えております。

またLINE mobile(ラインモバイル)はドコモ回線、AU回線、ソフトバンク回線の3つに対応しております。

従って・・・・

⇒ドコモキャリアを使っていた人が、LINE mobile(ラインモバイル)でドコモ回線を使う場合はSIMロック解除は不要

⇒AUキャリアを使っていた人が、LINE mobile(ラインモバイル)でAU回線を使う場合はSIMロック解除が不要

⇒ソフトバンクキャリアを使っていた人が、LINE mobile(ラインモバイル)でソフトバンク回線を使う場合はSIMロック解除が不要

なのです!

LINE mobile(ラインモバイル)のメリットは上記の3キャリアに対応しているのに加えて、指定のサービスは通信の利用制限が無い事。

例をあげると・・・LINE、LINEMUSIC(ラインミュージック)Twitter(ツイッター)INSTAGRAM(インスタ)FACEBOOK(フェイスブック)などの利用はカウントフリーで通信量無制限で利用が出来ます。

また他社の格安スマホ(格安SIM)サービスだと3日間で指定通信量を超えると通信制限がかかることが多いですよね?

でもLINE mobile(ラインモバイル)では、そのような通信制限はありませんので安心です。

更に「LINEのID検索」も可能です(他社は出来ない場合が多い)

LINE mobile(ラインモバイル)
の料金プラン(音声通話有り)
1GB 3GB 5GB 7GB 10GB
LINEフリーのプラン

☆LINEは無制限で利用可

※10分かけ放題オプション
+月800円

月1200円 無し 無し 無し 無し
コミュニケーションフリーのプラン

☆LINE、Twitter、Facebook
Instagram、LINEミュージック
は無制限で利用可

※10分かけ放題オプション
+月800円

無し 1690円 2220円 2880円 3220円
ミュージック+のプラン

☆LINE、Twitter、Facebook
Instagram、LINEミュージック
は無制限で利用可

※10分かけ放題オプション
+月800円

無し 2390円 2720円 3280円 3520円

b-mobile(ビーモバイル)

b-mobile(ビーモバイル)はマイナーな格安SIM会社です。

利用者が少ないせいか、回線が混みあう事も少なく回線スピードが速いです。

それがメリットなのですが、b-mobile(ビーモバイル)を運営している日本通信は業績が悪く将来どうなるか・・・という懸念材料があります。

私の予想では将来的にどこかの業績の強い格安SIM会社に吸収合併するのではと思っていますが(^-^;

料金が安く回線スピードが速くコスパ的に優れているので是非存続して欲しい格安SIM会社ではあります。

b-mobile(ビーモバイル)はソフトバンク回線を使っている数少ない格安スマホ(格安SIM)で、ソフトバンクキャリアの方には非常に有難い会社です。

☆シンプルな3つのプラン

☆30種類の豊富なスマホ端末を選択可能

☆速い回線

☆専用アプリで通話が5分間かけ放題+半額通話料金

・・・・と魅力的な格安スマホ(SIM)です。

b-mobile(ビーモバイル)
の料金プラン
音声付き SM付 データ専用
1GB 1330円 630円 500円
2GB 1550円 880円 750円
3GB 1800円 1130円 1000円
4GB 2050円 1380円 1250円
5GB 2300円 1630円 1500円
通信速度:速度制限なし
※5GBに達した場合は、上り下りともに200kbpsに制限されます
b-mobile電話のアプリをを利用すると、
通話料が通常の半額の10円/30秒で通話ができます
通話3分定額オプション
1回あたり3分まで、かつ1日あたり50回までの通話無料

DTI SIM(ディティーエスアイエム)

DTIは知る人ぞ知る老舗のインターネット接続サービス業者です。

DTIは「株式会社ドリーム・トレイン・インターネット」の略です。

昔からMVNOのサービスを提供しておりましたが「DTI SIM」としてサービスを開始したのは最近(2015年)の事です。

一見するとマイナーなイメージですが手堅い会社でインターネット接続には昔から定評があります。

格安スマホ(格安SIM)の回線スピードもまぁまぁ速くストレスを感じません。

ドコモの回線を使っているので、ドコモキャリアの方は乗り換え時にSIMロック解除無しで今までのスマホを利用できます。

料金プランも1Gコースから20Gコースまで細かく設定。

また「ネット使い放題」という無制限のプランもあります。
ユーチューブを無制限で利用できるプランもそろっております。

DTI SIMの料金プラン データプラン SMSプラン 音声プラン
1GB 600円 750円 1200円
3GB 840円 990円 1490円
5GB 1220円 1370円 1920円
10GB 2100円 2250円 2800円
15GB 3600円 3750円 4300円
20GB 4850円 5100円 5550円
ネット使い放題 2200円 2350円 2900円
電話の通話料は20円/30秒です
電話通話オプション:おとくコール10(月820円)

※10分以内の通話は無料です(何度かけても)

おとくコール(無料オプション)

※通話料金半額(10円/30秒)です