今日の画像~作務衣
DSC02771
(青葉区 本社事務所にて撮影)

最近『作務衣』という日本の伝統服を買いました!!

(作務衣とは)
作務衣(さむえ)は、禅宗の僧侶が務め、日々の雑事(作務)を行うときに着る衣のことである。
「作務衣」は本来、作務を行う時に着るもの全般をさし、特定の形が決まっているわけではなかった。僧侶が掃除や薪割り、畑仕事など寺院を維持するための労働を行う時に着用する。作業着であるため、正式の坐禅や法要の時には着用しない。
ウィキペディアより)

そう、、ボスはこれからは作務衣を来て仕事をしようかと思っています。
なぜ、そのようにするのかと言いますと、日本古来の「修行僧」「職人」にあやかりたいと思ったからです。

ボスは今年の前半は仕事面でもプライベート面でも概ね充実しておりました。
新しい仕事のヒントやアイデアをひらめきそれを実践する事で良い結果も出ました。

プライベート面でも色々な色々な素敵な出会いや楽しい事も沢山あり勉強になりました。

しかし、仕事&プライベートで順調だった反面、反省すべき問題点も数多くありました。

少しビジネスやプライベートで上手く行ったからと言って有頂天になりすぎてしまい、仕事の詰めが甘くなったり、仕事への取り組みが知らず知らずの内に甘くなっていました。

プライベート面でも新しく知り合った色々な人達にチヤホヤされていたりしてかなり有頂天になりすぎていました。
今思うと正直言って赤面の至りであります(汗)

自分の目指す目標や道はまだまだこの程度のレベルでは無いんですね。

中途半端な成功で満足し慢心し、仕事の手を緩め、プライベートでも脇が甘かったために、色々な人に利用されたり足元をすくわれたり、変なトラブルに巻き込まれたりして、、、その間に自分のかなり進歩が止まっていたどころか・・・退化してレベルダウンしていったような気がします。

そんな訳で・・・・今年の前半は起業家として、大人として反省すべき点が数多くありましたので、後半は気を引き締めて行きたいと思いました。

そこで・・・日本古来の修行僧が来ていた『作務衣』を入手して仕事中は作務衣を着て仕事をし気を引き締めて行こうかと思ったのです。

作務衣は日本では修行僧だけではなく、多くの職人さんも着用しておりますよね。
「陶芸職人」とか「日本酒の杜氏」とか。

ボスも今の心境は『修行僧』か『職人』です。

『修行僧のように周りの誘惑に惑わされず、職人のように仕事をきっちりこなす!!』・・・この心境です

早速届いた作務衣です!
今回は2着ネットで購入しました。

DSC02762

DSC02764

DSC02765

DSC02773

DSC02772

早速、作務衣を着て仕事をしてみました!

おっ!!
我ながらなかなか良い感じじゃないか!!

りりしいな☆

作務衣を着て仕事をしてみたら、やはり気が引き締まりました。
一流の修行僧や人間国宝の職人のように常に上のレベルを目指してボスも励みます!!

ボスは日本一のIT職人を目指します☆

【ボス語録~ツイッターより抜粋】
修行僧や職人のような気持ちで仕事に取り組みたい今日この頃