(毛越寺の浄土庭園:岩手県平泉より)
DSC01966

平泉の「毛越寺」に行ってきました!

浄土世界(あの世の極楽浄土:天国)を再現した浄土庭園が今も残っている平安時代の毛越寺の観光をしてきました!

毛越寺は850年に慈覚大師円仁が開山したお寺です。

奥州藤原氏2代の藤原基衡から3代の藤原秀衡の時代に造営されました。

毛越寺は薬師如来を本尊としております。

奥州藤原氏滅亡後は何度も火災に合い建物の大半は消失しておりますが、本堂と庭園は見事な姿を残しております。

平安時代の歴史を感じ趣深い場所でしたね!!

庭園の中心にある大きな池は「大泉が池」です。

平安時代に「大泉が池」は海を表現して作られたそうです。

DSC01933

DSC01934

DSC01935

DSC01937

DSC01938

DSC01939

DSC01944

DSC01940

DSC01943

DSC01945

(あやめ園)

6月の半ばになると「大泉が池」周辺に300種類、3万株のハナショウブが鮮やかに咲き乱れます。
ボスもちょど良い時期に来ました♪

DSC01948

火災で焼け落ちた跡地も看板が立って解説されております。
想像力が膨らみます♪

DSC01953

DSC01954

(遣水:やりみず)
庭園の発掘調査中に発掘された水路です。
80メートルの長さがあり、当時平安時代にここで「曲水の宴」などが行われたそうです。

今も毎年5月の第4日曜日に当時の「曲水の宴」を再現した祭典が開かれます。

DSC01955

DSC01956

DSC01958

DSC01960

DSC01961

DSC01964

さまざまな角度から庭園を眺めながらのんびりと散策すると平安時代にタイムスリップしたような気になりますね♪

(毛越寺と世界遺産)

2011(平成23)年6月に世界遺産に登録されました

(毛越寺のあやめ祭り)

毛越寺のあやめ園は1953(昭和28)年に平泉町民の発案で植えたのが始まりです。
また、翌年に東京の明治神宮から100種100株を譲り受けて、どんどん増えていき現在に至っています。

あやめ園のあやめ祭り中は、延年の舞、茶会、写生大会などが行われます。

期間は毎年6月半ば~7月上旬まで行われます

(毛越寺はパワースポット?)

毛越寺はパワースポットで有名な場所です。

健康や長寿にご利益があるそうです。

世界遺産巡りとパワースポット巡りを兼ねて是非一度、毛越寺を参拝して見て下さい♪

ボスも毛越寺を訪れて確かに何かを感じたような、感じなかったような??(笑)

今年後半も良いことあるかな??