(くじらの肉 長崎にて撮影)
DSC00643 (450x338)

先日の長崎県プチ独り旅でクジラの肉を食べてみました!(お刺身ですが)

長崎は日本古来から伝わる鯨食文化の地域です。

江戸時代に長崎県の「出島」が唯一の外国との窓口でした。

出島の詳細は過去の記事を参照下さい

その出島がある長崎県には当時日本全国から多くの人が集まって賑わっておりました。
長崎のクジラを食べる文化はその頃から始まったようです。

当時、九州での鯨の水揚げは全て長崎県の大村湾で行われておりました。
そこで解体されたクジラが九州各地に運ばれておりました。

当時、お金持ちが多くて裕福だった長崎県に一番美味しい部位のクジラの肉が運ばれていたそうです。
あと、距離も近い事も手伝ってクジラの新鮮度も違い「クジラは美味しい」という評判が長崎県を中心に広がっていたとのことです。

このクジラを食べる習慣は今の長崎でも続いており長崎のお正月や結婚式でもクジラが食卓に並びます。

現在、日本で一番クジラの消費が多いのも長崎県です。

さて、、そんなクジラの肉で有名な長崎県ですからボスも是非食べてみたいと思い、クジラを扱っているお店にいって食べてきました!

DSC00645 (450x338)

DSC00644 (450x338)

DSC00646 (450x338)

ボスが子供の頃はよく学校の給食でクジラの肉が出ました(竜田揚げのから揚げで)

少し固めの肉でしたが美味しかったのを記憶しております。

クジラのベーコンも子供の頃、よく父親が晩酌のおつまみで食べていたのを分けて貰って食べてましたね。
淡白な味ですが、醤油につけて食べるとこれがなかなかどうして美味しかったのを記憶しております。

懐かしのクジラの肉!
今回長崎で食べたのもお刺身でした。

クジラって大きい生き物ですから肉も大味で淡白なんですよね。
そのまま食べてもあまり美味しいと思わない人も多いでしょう。

醤油や、その他の味付けをして初めて美味しさのの本領を発揮するのがクジラの肉ですね。

お酒が好きな人にとってはクジラはたまりませんね。

クジラが嫌いな人も多いかもしれませんが、ほとんどが「食べず嫌い」だと思います。

一度、じっくりと食べてみると良いですよ。
日本の古い食文化の味がします?!(笑)