(本場長崎 ちゃんぽん:長崎市にて)
DSC00266 (450x338)

先月、長崎プチ独り旅で本場長崎ちゃんぽんを食べてきました♪

「ちゃんぽん」は長崎県の代表的なご当地グルメです。
だから長崎に来たら絶対食べないとね!!

関東でもリンガーハットのチェーン店で長崎ちゃんぽんが食べれますが、やっぱり本場を試したい!!!

ところで・・・長崎ちゃんぽんの由来はご存知ですか?

長崎ちゃんぽんは中国の福建省の麺料理をベースとしています。

明治時代の中期に中国人留学生に栄養があって安い食事を食べさせることはできなだろうか?・・・と考案されたのが「ちゃんぽん」なんですね。

現在も営業している長崎の中華料理店の「四海樓」の初代店主の陳平順が最初に作ったと言われてます。

そして、、「ちゃんぽん」という名前の語源は結構面白いですよね。
色々な説があるのですが・・・

代表的な説として「掺混」という言葉からきている説が有力かな?

中国副建語で「混ぜる」という意味です。

あと、面白い説として沖縄の「チャンプルー」から来ているとするものもあります。

「チャンプル」はマレー語やインドネシア語では・・・「混ぜるとか、ごちゃ混ぜにする」という意味があります。

確かに沖縄のゴーヤチャンプルーも「混ぜご飯」ですからね。

さて・・・・ちゃんぽんのウンチクはさておき・・・早速、長崎新地の中華街で「本場長崎ちゃんぽん」を食べてきました!

(長崎新地・中華街)
DSC00260 (450x338)

DSC00262 (450x338)

長崎の中華街は横浜の中華街ほど規模は大きくなくてこじんまりとした感じでしたね。
行ってきたお店が「福壽」です。

中華菜館 福壽

DSC00263 (450x338)

DSC00264 (450x338)

せっかく中華街に来たので食前酒に「老酒」を楽しみました♪

老酒は苦手な人が多いですがボスは好きですね♪

DSC00265 (450x338)

そして・・・お待ちかねの本場長崎ちゃんぽんです♪
まってました!!

具だくさんで見るからに栄養価の高そうなボリューム満点のちゃんぽん

DSC00267 (450x338)

麺はやや太麺のストレート。
本場の長崎チャンポンの麺は味が付いているのでしょうか?

それとも、このお店の特徴なのでしょうか?

麺だけ食べていても美味しいと感じました!
替え玉が欲しいと思ったほどです(←博多ラーメンじゃないっての!!)

DSC00270 (450x338)

スープも丁寧にダシをとっているのでしょうか。
深い味わいです。

コクがありますが、それでいてサッパリしております

DSC00271 (450x338)

「福壽」の本場長崎のちゃんぽんは、関東で食べるちゃんぽん(リンガーハット)みたいに野菜はそれほど入っておりません。

その分、魚介類やかまぼこなどの具が豊富に入っております。

ヘルシーさではリンガーハットですが、味の深さ、パンチ力はやっぱり「福壽」のちゃんぽんに軍配があがるでしょうか。
リンガーハットも好きですけどね。

それにしても本当に美味かった!!

ちなみに「福壽」は『ケンミンShoW」でも紹介された人気店です。

ボスは本場長崎ちゃんぽんを食べて、少し調子にのって老酒を飲んでご機嫌気分の長崎プチ旅行でございました♪