(角煮まんじゅう・ミルクセーキ:長崎市にて)
DSC00194 (450x338)

先日、長崎プチ独り旅で「角煮まんじゅう」を食べてみました。

ついでに「ミルクセーキ」も一緒に!

角煮まんじゅうもミルクセーキも長崎県のご当地グルメですよね。

ボスは地方に旅行に行くときは必ず、その土地の物を食べるようにしております。
各地域の食文化を通じて、色々勉強したい・・・という知的好奇心もありますが、やっぱりボスは食いしん坊で味覚が豊かだからです♪

その土地、その土地のご当地グルメをどんどんと制覇して、いつかは日本全国・・・いや、世界中のグルメを食べつくしてみたいですね♪ボスが生きている内に!!

自由人のボスならばそれは十分に可能です。

さて・・・そんな訳で、長崎旅行で最初に試したのが角煮まんじゅうとミルクセーキ

角煮まんじゅうは長崎独得の卓袱料理(しっぽく料理)の一つですね。

卓袱料理は通常、コース料理として出てきますが「角煮まんじゅう」はその一品ですね。
もともと中国料理の「東坡肉(とんぽうろう)」を更に手軽に!そして更に美味しく食べれないだろうか?・・・と考えに考え抜かれて生まれたのが「長崎角煮まんじゅう」ですね!

DSC00196 (450x338)

外国との交易が盛んだった長崎ならではの料理ですね。

「角煮まんじゅう」という名で誕生させたのが岩崎本舗の初代の「岩崎博孝」と言う方らしい。

外はフワフワで中は濃厚かつジューシーな味付け角煮は食欲をそそる美味しさで、何個でも食べれちゃいそうですね。
豚肉好きな人にはたまらない一品だと思います。

DSC00197 (450x338)

そして「ミルクセーキ」

こちらも長崎のご当地グルメとして人気がありますが、ミルクセーキは誰でも知っておりますよね♪
関東でも召し上がる事ができます。

しかし、長崎風のミルクセーキは少し違いますね!!

飲むミルクセーキというよりも・・・食べるミルクセーキと言った方が良いです。

DSC00195 (338x450)

シャーベット状になったミルクセーキをシャクシャクとかき氷みたいに食べるんですね。
アイス好きの人にはたまらない一品かと思います♪

それにしてもご当地グルメの食べ歩きは楽しいですね。
心がワクワクします。

日本のご当地グルメをどんどん制覇して行く度にボスの味覚が更に豊かになっていくような気がします。