(えの木てい 横浜山手)
DSC06184

先日、仕事の合間に横浜山手にある『えの木てい』に言って読書&カフェタイム(ランチタイム含む)を楽しんできました。

えの木亭の詳細はこちらです

平日の昼下がりの午後15時頃、本一冊を持って少し洒落た時間を堪能したボスです(笑)

えの木ていは、1927(昭和2)年に建てられた英国式の洋館を1979(昭和54)年からカフェとして使用して営業を続けているお店です。

設計は日本人建築家の「朝香吉蔵氏」で昔はアメリカ人検事が暮らしていたとのことです。

創業30年以上ですので横浜のカフェとしては老舗といえます。

古い洋館ですが今も古さはあまり感じさせません。

店内はアンティーク家具が飾られております。
また暖炉や木製の上げ下げ窓などもあり独特かつレトロな雰囲気です。

ちなみに暖炉は冬場はいまだに使っています。

1階フロアはカフェになっており、2階フロアは6名まで利用頂ける個室とスィーツショップがあります。

また、オープンカフェもあってお庭で山手の風景を眺めながらカフェタイム(ティータイム)を味わう事ができます。
ちなみにオープンカフェのスペースはワンちゃんなどのペットも可能です。

DSC06172

DSC06170

DSC06183

メニューはコーヒー、紅茶、その他のソフトドリンクがあり、ビールやワインもあります。

そしてケーキ類が非常にメニューが豊富でどれにするか迷ってしまうくらいです。
ちなみに、ケーキはいずれも自家製で自然の優しい味でどれを食べても美味しいです。

フードメニューは「サンドウィッチ」、「ハンバーガー」などがあり、いずれも手作り感の強い素朴で自然の味です。

DSC06173

DSC06174

DSC06175

この日ボスが食べたメニューは、、

レモンのタルト&紅茶の「ケーキセット」

そして横浜珈琲チーズバーガーです!

ちなみに「横浜珈琲バーガー」の名前の由来は、「えの木てい」のオーナーのお父様がかつて馬車道で「珈琲屋」というカフェを経営していていました。

その時のレシピをそのまま復刻させたオリジナルハンバーガーの事です。

(横浜珈琲チーズバーガー)
DSC06176

DSC06177

DSC06178

DSC06179

DSC06185

新鮮なお野菜をはさんで美味しく頬張るのです(笑)
自然なオーガニック系の良い素材を使っているのか、ハンバーガーを食べていてもヘルシーな食べ応えでした。

ボリュームはありますが、食べてみると意外に軽くチェーン店のハンバーガーと違い脂っぽくないので、食べやすく食後も胃がもたれません。

DSC06186

そして、こちらがレモンのタルトです。

一口食べて、添加物は一切無い自然の風味のケーキであることが分かります。
程よい甘さ加減で、とっても上品な味です。

レモンの適度な酸味とクリームの甘さが見事にマッチしていて幸せ感じる美味しさでした。

DSC06181

DSC06182

う~~~ん、山手で少しお洒落な昼下がりを楽しめました♪

誰がどう見ても居酒屋さんや吉野家の牛丼が似合っているボスも、この日はちょっぴりセレブ紳士になった気分です(笑)

また、仕事の合い間に読書タイムを兼ねてアフターヌーンティに行きます!