インターネットが今の日本では当たり前のように普及しております。

そして、そのインターネットが普及したことによってビジネス、仕事の世界でも革命的な事が起こりました。

それは『ネットビジネス』が生まれた事です。

ネットビジネスと聞くと「ネットワークビジネス」と混同する人もいるかもしれませんが、両者はまったく違います。

「ネットワークビジネス」とは連鎖販売取引(れんさはんばいとりひき)と呼ばれ、特定商取引法第33条で定義される販売形態のこと。日本ではマルチ商法、ねずみ講などと呼ばれることが多い。アメリカでは”Multi-level marketing”(マルチレベルマーケティング、MLM)あるいは”network marketing”(ネットワークマーケティング)と呼ばれる(ウィキペディアより

対して「ネットビジネス」とは、インターネットを利用したビジネスや商売の事をいいます。

ネットビジネスはインターネットの仕組みを利用しているという点を除けば、一般のリアルビジネスやリアル店舗とそれほど変わりません

あなたもインターネットでショッピングをしたことはありませんか?

楽天とかヤフーオークションとかアマゾンなどで自分の欲しい服やスイーツ、化粧品、ゲームソフト、本など・・・。

当たり前のように買いますよね?!

街に出れば服屋さんもあれば、スイーツを売っているケーキ屋さんもある。

そしてゲームソフトや本を売っている店舗もありますよね?

一方でネットビジネスは、インターネットというネット店舗(ネットショップ)を利用して服とかスイーツとかゲームソフトを売っているわけですから、違いは『実店舗』と『ネットショップ』それだけです。

売っている場所と仕組みが違うと言うだけです。

あまり難しく考える事はありません。

このインターネットを利用したネットビジネスは、実店舗に比べて開業コストがほとんどかからないという理由で今では多くの人が参入しております。

そして、ネットビジネスで大きく成功している人もいれば、途中で消えていく人もいます。

この点でもリアルビジネスと同じです。