休む技術~かしこくコスパを上げる大人のオンオフ術~西多昌規著

休む技術 書評

「休む技術」はアマゾンで今すぐ購入が可能です☆

アマゾンプライム会員ならいつでも送料無料!

しかも発送も早い!それ以外にも映画や動画も観放題!メリットしかありません(*^-^*) 
↓↓↓

「休む技術」はズバリ何の本か?~仕事能率をアップするための自己啓発、ビジネス書

⇒上手な休み技術を身に付けて、より仕事のクオリティを上げる為のノウハウ、自己啓発書

・仕事の能率、パフォーマンスを上げる為には休むことが大事。その休みをいかに上手に効果的に取るかによって大きく違ってきます。

・多忙なビジネスマンには休みが必須。休むことが難しい人でも仕事の能率を上げる為にも休みは必要。

多忙なビジネスマンにとって有用な休みの技術を盛り込んでおります。

「休む技術」はタイトル通りの本か?

スポンサードリンク



⇒YES(正にタイトルに準拠した一冊でした)

・休む為の技術、ノウハウ、やり方、などについて分かりやすく、興味深く書かれております。

また、「どうして休んだ方が良いのか?」という理由付けにしても説得力のある開設がなされております。

医学博士の著者だけに書かれた内容は信憑性が高いです。

休む技術を読んで勉強になった点は?

本書にサッカーのある解説者が「次の試合まで2日よりも3日の休みの方が選手の疲れのとれ方が違う」という言葉がありましたが、仕事でも同じことです。

私自身も身をもって実感しております。

あと、人間の脳に備わっているワーキングメモリは休憩することによって機能が回復するそうです。

このワーキングメモリがチャージされていれば仕事も能率が上がります。

休憩をとる大切さについて書かれていたのが勉強になりました。

・休まずに無理をすると失敗リスクが上がる・・・と書かれていましたが正にその通り!

失敗しない為にも休む勇気が必要であります。

・「心の余裕が集中力を高めてひらめきを生む」・・・・と書かれておりましたが、大変共感し勉強になります。

また身をもって実感していますので再確認できました。

心の余裕を持つためにも休養や休憩は大事です。

「休む技術」を読んで得られるモノは?

私も以前は休みなく仕事を夜遅くまでぶっ続けでやっていたこともあります。

今でもたまにそうします。

しかし、やはり休まずにぶっ続けで仕事うると能率も落ちますし、失敗リスクも上がります。

また心に余裕が無いので新しいアイデアも浮かばないことが多いです。

本書を読んでから意識的に休む習慣が身に付きました。

そのお蔭てリラックスできて心に余裕も出来て新しい仕事アイデアや発送も色々浮かぶようになりました。

本当に読んで良かったです☆

「休む技術」のデメリット・欠点は?

休むことは非常に大事な事ですが、立場上なかなか休めない職種の人や職場の人もいるかと思います。

そういう人達にとっては「休むのは環境的に無理」と一蹴されるきらいもあります。

休む技術の活用法

本書には休む為のメソッドが色々書かれております。

医学的見地でしっかりとその理由付けや効果なども書かれております。

だから実践して効果が無いわけがありません。

一つ一つしっかり実践することが大事です。

本を読んで「なるほど!なるほど!」と感心しているだけではダメです!

「休む技術」の総評・まとめ

現代社会では休むことなく過労で倒れる人、重大なミスを起こす人、命にかかわる事故を起こす人が後を絶ちません。

また、休まないことによって損をしている人も沢山います。

自分では「頑張っている」というつもりでも実は仕事の能率を下げている事に気付かない人も多いでしょう。

そう言う意味でも忙しい人ほど是非この本を手に取って読んで欲しいですね。

読むことによって休みのノウハウ、技術が身に付き、より仕事のパフォーマンスが上がる事は間違いありません。

私自身も仕事の能率がアップしました!

「休む技術」はアマゾンで今すぐ購入が可能です☆

アマゾンプライム会員ならいつでも送料無料!

しかも発送も早い!それ以外にも映画や動画も観放題!メリットしかありません(*^-^*) 
↓↓↓