詳しくは⇒ウェブセールスライティング習得ハンドブック 寺本隆裕

アマゾンプライム会員ならいつでも送料無料!

しかも発送も早い!それ以外にも映画やテレビ番組、動画も観放題!メリットしかありません(*^-^*) 
↓↓↓

ズバリ何の本か?

ウェブセールスライティングハンドブック

⇒セールスライティング(コピーライティング)の教材

※コピーライティングも色々な分野がありますが、本書はモノを売る為のセールスライティングのカテゴリに属します。

⇒人を動かす文章の書き方のコツを教えた教材本

※人を動かせる文章を書ければ、文章でモノやサービスを売ることも可能です。それがセールスライティングのノウハウ

タイトル通りの本か?

スポンサードリンク



⇒YES(その通りの本です)

・セールスライティング(コピーライティング)の基本について書かれております

・実例本というよりも教本です。(だからハンドブックなのか?)

『ウェブセールスライティングハンドブック』を読んで勉強になった点

☆コピーはリサーチが大事

・商品、サービスのリサーチ

・ターゲットのリサーチ

・マーケット(ライバルなど)のリサーチ

※リサーチする時はリサーチノートを作るのが大事だということ

☆売りたい商品の特徴をベネフィットに変換する作業が大事ということ

※ベネフィットとは=その商品(サービス)を手に入れることによる自分のメリットや、商品(サービス)を得たことにより将来良くなる自分イメージなど


『ウェブセールスライティングハンドブック』を読むことで得られるモノは

☆人を動かせる文章を書けるようになる

・人を動かせるということは・・・ナンパや恋愛面でも有効か?(笑)

☆売れる文章を書けるようになる

・これは一生の宝になりますね!

☆セールス、営業にも強くなる

・セールスライティングは営業トークを文章にしたようなものだから

・営業マンの方も読んでほしい本ですね。

『ウェブセールスライティングハンドブック』のデメリット、欠点は?

★セールスライティングについての基本が書かれているのは良いのですが、事事例、が実例が無さすぎる

・実際にモノやサービスが売れた事例広告やコピー、セールス文などを多く載せて欲しかった

・どんな文章が人を動かせる売れる文章なのかの事例や実例を見せてくれないと初心者の人は売れる文章のイメージが付かないでしょう。

『ウェブセールスライティングハンドブック』の総評

何度も何度も読んでほしい良書だと思います。

読むたびに新しい発見があるでしょう。

また読んで感心しているだけではダメです!

実際に普段のブログやメール、SNS、ホームページ、チラシなどで実践してみることも大事。

ただこの本はセールス文の事例や実例が載っていません。

なので別の本や教材でそれを補う必要があります。

詳しくは⇒ウェブセールスライティング習得ハンドブック 寺本隆裕