仮想通貨に限らず、投資の世界はバカが沢山います

仮想通貨に限らず株式投資でもFX投資でもバカが沢山います。

特に仮想通貨の世界は本当にバカが多いです(*´ω`)

どんなバカかと言いますと・・・・・狼狽売りをする人達です。

相場が崩れて暴落している時に慌てて安値で手持ちの仮想通貨を手放してしまう人です。

慌てる気持ちは分かりますが・・・狼狽して安値で投げ売りしても何の良いことありません。

結局損を確定するわけですから。。。

投資の世界では「損切り」も時には大切なテクニックです。

でも「狼狽売り」と「損切り」は全く別の手法です。

「狼狽売り=損切り」では無いんですね。

「狼狽売り=バカ」ということです(笑)

仮想通貨投資の世界は本当にバカが多いです。

コインチェックとかのチャット投稿等を見ていても「日々の値動きに一喜一憂しているバカな人達多いなぁ」とボスは冷めた目で見ております。

真の損切りとは?狼狽売りとは全く違う次元のもの

仮想通貨でも株式投資でもFX投資でも時には損切りは大事です。

では真の損切りとは一体どんな手法であり、どんなものなのだろうか?

株でもFXでも、仮想通貨でも真の投資とは「計画性のある積極的な損切り」を言います。


つまり元々計画性を持って損切りを行う事が真の損切り手法です。

例えば・・・・「今持っている仮想通貨が30%値下がりしたら損切りして売ろう」とか「新しく買った仮想通貨が3カ月たっても騰がらなかったら損切りして売ろう」・・・・と言った感じに予め計画性を持って損を確定することが真の損切りであります。

だから「ヤバイ!!!暴落したので今すぐ売ろう!!」という予め計画性の無い狼狽売りは何の損切りでもありません。

ただのバカです。

皆が狼狽売りしている時こそが儲かるチャンス

株式投資でもFXでも仮想通貨でも大衆がパニックを起こして狼狽売りしている時こそが儲けのチャンスです!

暴落して皆がパニックを起こし安値で投げ売りしている時に積極的に安値をコツコツと買っている人が将来大きく儲けられますし、億り人にもなれるでしょう。

リーマンショック時に投資家のほとんどが安値で狼狽売りをしていた時に安値で積極的に株を買っていたのが何を隠そう「ウォーレンバフェット」でした。

彼はその後、さらに大きな富を手に入れました。

我々も見習いたいところですね!

仮想通貨で狼狽売りしなくても済む投資法

仮想通貨で狼狽売りをする人の特徴は以下の通りです

1)高値更新している時に「今買わないと損!」とばかり高値掴みをする

2)余裕資金で投資をしていない(だから暴落でお金が無くなる恐怖を感じる)

3)信用取引やレバレッジ取引をしている

・・・・つまり元々金銭的にも心理的にも余裕の無い状態で投資をしているから暴落で狼狽をするのです。

暴落時でもどっしりと構えていられる人、暴落時でも積極的に安値を買える人は金銭的にも心理的にも余裕がある人です。

仮想通貨もバカな人達に迎合することなく、賢くやっていきましょう!!

暴落でも動じない、あまり影響受けない投資手法は積立投資が最良です!!

Zaif(ザイフ)~仮想通貨の積み立て投資が出来る取引所口座☆クレジットカードで購入も可能!

毎月コツコツと一定額の積立投資は長い目で見ると大変儲かります。

ボスは株式投資の累投(積立投資)でも純金の積立投資でも大きな利益を上げております。

仮想通貨の投資でも積立投資で保有している通貨は暴落した今も利益になっております。

投資も仕事もマイペースが一番です!