コインチェックのXEM(ネム通貨)流出事件について

日本国内の仮想通貨取引所のコインチェックが外部によるハッキングでネム通貨が5億枚不正流出したそうです。

盗難被害額は実に500億円以上

稀に見る大損害といえます。

一番悪いのはコインを大量に盗んだハッカーではありますが、被害者のコインチェック社のセキュリティの甘さもあったのではないかと現在糾弾されております。

またコインチェックに資産を預けている投資家も損害・被害に発展するのではないかとコインチェック・ユーザーの間でもザワザワと大きく騒ぎになっております。

ボス自身も仮想通貨取引所はリスク管理の為に複数社を分散して使っていましたが、コインチェックも利用していました。

またコインチェックに一部仮想通貨を預けていたのである意味被害者ユーザーの一人ともいえます。

ただボスは他の仮想通貨のユーザーみたいにあまり騒ぐこともなく冷静に比較的落ち着いて事象の経過を見守っております。

落ち着いている理由は・・・

⇒ジタバタしても資産は今すぐに戻る訳ではない

⇒もしかしたら今後事象が好転して資産がある程度戻ってくる可能性もあること

⇒コインチェックに預けていた資産はそれほど大金ではないこと

⇒元々余裕資金で無理しない程度に仮想通貨投資をやっていたこと

⇒過去にも取引所のトラブルや株、FX、その他の仮想通貨取引所でもあったから、トラブルは付き物であること

・・・まぁ、そんな感じで慌てず騒がず今後の行方を見守っております。

今回のコインチェック事件で仮想通貨取引を止めるか?億り人は諦めるか?

全然止めるつもりはありませんね!(^^)!

仮想通貨市場はまだ黎明期です。

始まったばかりの市場にはトラブルは付き物です。

色々なトラブルを繰り返していき市場は成熟していきます。

これは株式投資の世界でもFXの世界でも同じです。

確かにコインチェックに一部預けていた仮想通貨の資産が今も戻らずに不安な気持ちは少しありますが、引き続き前向きな気持ちで仮想通貨投資を継続します。

去年一度は達成できた「億り人」に返り咲くべく仮想通貨投資の研究と実践を続けていきます。

今回の事件で多くの仮想通貨投資家は懲りて止めていくでしょう。

でもこれは以前、バブル経済時の株式投資家の離脱、ITバブル時の株式投資家の離脱、リーマンショック時の株投資家やFX投資家の離脱、そしてマウントゴックス社のビットコイン流出事件(今回のコインチェック事件と似ている)の時の仮想通貨投資家の離脱・・・などなど色々ありました。

でも現在も株式投資もFX投資も仮想通貨投資も健在であります。

ただ、コインチェック社がマヌケだったとしか言いようがない・・それだけのことです。

これで仮想通貨が終わった訳ではありません。

だから引き続き目指せ、「再・億り人」です(笑)

今回の事件はXEM(ネム)などの仮想通貨の欠陥は全くなし!!

今回のコインチェック事件は先ほども書きました通り、あくまでもコインチェック者がマヌケだったというわけで、仮想通貨そのものの欠陥は全くありません。

以前のマウントゴックス事件でもマウントゴックス取引所に問題があったというだけで、盗まれたビットコインのブロックチェーン技術そのものは全く問題なかったそうです。

今回のコインチェック事件でもXEM(ネム)通貨の欠陥は全くありませんし落ち度もありません。

むしろネムの通貨としての技術やセキュリティが見直す人も少なくありません。

ネムの凄い所は、盗まれたネム通貨全てに「タグ」みたいなモノを付けられるそうです。

つまり「この通貨は悪い人によって盗難された通貨ですよ」と「印」を付けられる点です。

だから今回5億ネムも盗んだ悪人もそう簡単にネムを換金・取引・売却・交換は出来ないでしょう。

これがブロックチェーン技術の凄い所です!

だからネム通貨は思ったほど暴落はしておりません。

多少は下がりましたが、下がった今が買い場ともいえます。

だからボスもネム通貨が少し下がっている今、また買い増そうかと思っています。

コインチェックは現在利用停止中で使えませんが、ZAIF(ザイフ)という仮想通貨取引所ではネムの取引が出来ます。

ネムは将来きっと騰がると信じているので更に買い増しします!

ネム(XEM)の将来性~もしかしたら「億り人」に導く仮想通貨かも?!予想は?