暴落、暴落って騒ぐ必要なし・・・

熱しやすく冷めやすい・・・・

日本人の悪い癖というか習性ですね。。

今回も2017年半ばから仮想通貨の投機熱が過熱して多くの日本人が参戦しました。

そして年末に暴騰に次ぐ暴騰。。

ますます過熱して過疎通貨取引所がサーバーダウンしてしまう始末。

しかし今年(2018年)の年初に中国や韓国の規制騒ぎで仮想通貨全体が一気に下げました。

その時に狼狽した日本人の仮想通貨投資家達が狼狽売りを繰り返して更に下げに拍車がかかりました。

一時期200万円を超えていたビットコインは100万円前後まで下げました、

その他のアルトコインも半値位まで下げました・・・。

世間では「仮想通貨の暴落だ!」、「仮想通貨バブルは終わった!」・・・・なんて騒いでおりました。

さて、今回の2018年1月の仮想通貨の下げは果たして本当に暴落と言えるでしょうか??

ボスはそうは思いません(*^_^*)

今回の仮想通貨の大幅な下げを客観的かつ冷静に眺めてみると正直言って暴落とは言えないレベルです。

いや、暴落と言うにはあまりにも上品な下げですね(笑)

だって、去年もこの程度の暴落は何度もありましたし、仮想通貨が悪いニュースなどで半値まで落ちるのは別に珍しい事ではありません。

今は仮想通貨の下げが落ち着いております。

一時期100万円を切る勢いだったビットコインは今は130万円まで反発しております。

また他のアルトコインも同様で反発して上げている仮想通貨が多いです。

あの下げの時に底値で狼狽売りをした人は本当にバカを見たでしょうね。。

仮想通貨なんて大きな下げがあっても慌てず狼狽せずにそのまま持って放っておけば良いのです。

また騰がりますからね・・。

むしろ下げている時に安値で買い進む方が上手く行きます

確かな内容のある仮想通貨や将来性のある仮想通貨ならば、そう簡単に価値が落ちる事などありません。

一時期暴落しても再び息を吹き返して反発して上げていきます。

去年もそうでしたからね。

冷静に考えてみれば、去年の今頃のビットコインは10万円位の値段でした、

リップルやネムなんて数円~数十円の値段でした。

イーサリアムなんて1万円~3万円位でしたっけ?!確か・・

今回の暴落でも100万円の値段を維持しているビットコイン

リップルネムも100円以上の値段を維持しております。

イーサリアムも10万円以上維持しております

ボス的には仮想通貨の本当の暴落やバブル崩壊はビットコインや他の仮想通貨を含め数円レベルのほとんど無価値になるくらいの下げが現実化して初めて本当の暴落と思っています。

だから去年の今頃に比べてまだ全然高値安定しているビットコインや他の仮想通貨は真の暴落にあったとは言えないでしょうしバブルが崩壊したともいえないでしょう。

それだけ今の仮想通貨の技術であるブロックチェーン技術やスマートコントラクトの技術は暴落に耐えうる価値ある技術といえます。

だから今回の下げで半値位の下げで済んだのだと思います。

今年2018年はまだ始まったばかりです。

今年も仮想通貨は何度も暴騰と暴落を繰り返すでしょう。

日々の相場に一喜一憂することなく慌てず騒がず価値ある仮想通貨を保有していれば良いと思います。

信用取引やレバレッジ取引など手を出さずに余裕資金の範囲でコツコツやっていれば仮想通貨投資は恐れるに足らずです!

将来「億り人」になりうる最も近道な投資だと思います。

無理せずに余裕資金の範囲でコツコツ仮想通貨をやるなら積立投資が一番です!!

参考記事⇒仮想通貨の暴落にびくともしない強い投資手法とは何だ?

参考記事⇒仮想通貨暴落について思う事(ITバブル崩壊後と仮想通貨バブル崩壊後)