XEM(ネム)とPIPPLE(リップル)は今の内に買っておくべき将来有望なアルトコイン?!

ビットコインが2017年で大きく値が化けました。

早い時期にビットコインを買っていた人はガッツリと儲けたことでしょう。

なんせ年初では10万円台だったビットコインが12月現在で200万円を超える勢いですからね!!

この時に「しまった!出遅れた(汗)!!」と地団太踏んで悔しがっている人も多いでしょう。

しかし今を後悔しても仕方がありません。

要は「これから将来どうするか?」が大事なのです!

そう・・・・ビットコイン以外の割安なアルトコインを今の内に買っておけば良いのです。

スポンサードリンク




アルトコインとは・・・・ビットコイン以外の仮想通貨をいいます。

この世界にはビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)は沢山あります。

その数は1000種類とも3000種類とも言われております。

その数多いアルトコインの中にはビットコインに次ぐ将来有望な(儲かりそうな)仮想通貨も少なくありません。

では、実際にどのアルトコインが将来大きく騰げて儲かりそうか??

これはあくまでもボスの独断と偏見ではありますが『XEM(ネム)』と『RIPPLE(リップル)』あたりが騰がりそうな気がしますね。

実際にもう既に最近では『XEM(ネム)』と『RIPPLE(リップル)』はジリジリと騰がってきております。

とはいえ・・・まだ『XEM(ネム)』と『RIPPLE(リップル)』は買いやすい価格域の範囲です。

2017年12月現在でXEM(ネム)は100円前後、『RIPPLE(リップル)』は90円前後のお値段です。

他の時価総額上位20位以内の仮想通貨に比べるとまだ割安感があります。

『XEM(ネム)』と『RIPPLE(リップル)』の優れた機能と汎用性、そして将来性を考えると今の値段はまだバーゲンセールといえるのではないでしょうか?

当然ですがボスもコツコツと『XEM(ネム)』と『RIPPLE(リップル)』を買って安値で仕込んでおります(^-^)

将来有望なアルトコイン『XEM(ネム)』について分かりやすく解説!

さて、ここで将来有望なアルトコインえある『XEM(ネム)』について分かりやすく解説してみましょう。

XEM(ネム)はビットコインやイーサリアムを更に改良して機能とセキュリティを強めた仮想通貨です。

アルトコインでありマイナー仮想通貨の一つですが現在数ある仮想通貨の中では時価総額が10位前後の位置を占めております。

またビットコイン、イーサリアムに次いで将来最も注目されており将来騰がっていくのではないかと期待されております。

ところでXEMはNEMともいい、一般的には「ネム」と呼ばれて親しまれております。

XEM(NEM)はNEW ECONOMY MOVEMENT(新しい経済運動)の略称です。

XEM(NEM)の仮想通貨としての理念は「金銭的な自由」、「分散化」、「平等」、「連帯感の原則」に基づいております。

新しい経済圏の創出を目標にスタートした仮想通貨のプロジェクトです。

最近ではマイクロソフトと提携をするというニュースがありました。

XEM(ネム)は今年になってジリジリと値を上げ始めており現在は100円前後(2017年12月現在)です。

イーサリアムやビットコインキャッシュ、ライトコイン、モナコイン、Zキャッシュうなど他の時価総額の高い仮想通貨に比べてかなり割安な値段であることは間違いありません。

また現在の価格帯は比較的買いやすいといえます。

将来「1ネム=300円」位は行ってもおかしくない仮想通貨だと思っています。

もしかしたら何か良いニュースとか入れば「1ネム=1000円以上」も十分ありえます。

この仮想通貨の市場は何かのキッカケて一気に数十倍~数百倍の値段に爆上げすることは日常茶飯事ですからね!

将来有望なアルトコイン『RIPPLE(リップル)』について分かりやすく解説!

『RIPPLE(リップル)』もその送金機能の優れた点が注目されており将来有望視されているアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の一つといえます。

リップルの時価総額ランキングはビットコイン、イーサリアムに次いで3位です(2017年度後半)

『RIPPLE(リップル)』は実は送金システムの総称でありリップル自体は仮想通貨そのものではありません。

正確には「XRP」という仮想通貨です。

このXRPという仮想通貨はビットコインみたいにブロックチェーン技術は使われておりません。

リップルそのものはあくまでも送金システムでありインターネットで格安かつ高速な送金を実現させるためのプラットホームであります。

そのリップルのシステムを利用するために仲介通貨が必要となります。

それが「XRP」です。

現在ではそのXRP通貨を総称してリップルと呼んでおります。

XRP(リップル)はあくまでも送金システムで利用される「仲介用通貨」なのでビットコインみたいに買い物などの決済に使うことは想定されておりません。

しかしXRP(リップル)は仲介用の通貨でありながら、仮想通貨取引上でも取り扱いされていて我々もXRP(リップル)を購入することが可能です。

もともと値上がりとか値下がりとか想定していない仲介用の通貨ではありますが、仮想通貨取引所で上場されているので最近ではじりじりと値を上げております。

将来、国内、海外の銀行などでリップルの送金システムが実装されて普及していけばXRP(リップル)は大きく値上げをするのは間違いありません。

現に最近ではXRP(リップル)は少しづつ値上がりしており現在では「1リップル=90円前後」まで上げております。(今までは20円前後だった)

今後、XRP(リップル)がもっと注目されていけば「1リップル=200円以上」、「1リップル=300円」はいくのではないかと思います。

更に大きな良いニュースでもあれば1リップル500円~1000円なんてことも仮想通貨市場では珍しくないでしょう。

現在のXRP(リップル)は他の時価総額の多い仮想通貨に比べて割安で比較的買いやすい価格域なので今の内に沢山仕込んでおけば将来面白い事になるかもしれません。

リップルの強みは提携先の取引銀行の多さです。

将来リップルのシステムを採用する予定の取引銀行が国内、海外ともに非常に多く(100銀行以上)、その将来性は見逃すことはできません。

大いに期待できる有望なアルトコインといえます。

ちなみにGoogleも出資しています!

またクレジットカードのアメックスもリップルと提携しております!

『XEM(ネム)』と『RIPPLE(リップル)』が購入できる仮想通貨取引所の一覧

『XEM(ネム)』と『RIPPLE(リップル)』は簡単に購入できる仮想通貨取引所はcoincheck(コインチェック)という取引所です。

コインチェックは10種類以上の仮想通貨(ビットコインを含むアルトコイン)が購入可能です。

『XEM(ネム)』と『RIPPLE(リップル)』もこちらで購入が出来ます。

また必要に応じて仮想通貨を売却して換金することも可能です。

初心者でも簡単に使いやすくなっておりますオススメであります。

ボスもコインチェックの口座に13種類の仮想通貨を分散してコツコツと買い増しております。

特に『XEM(ネム)』と『RIPPLE(リップル)』は今も価格や安く購入しやすいので多めに仕込んでおります。

coincheck(コインチェック)はわずか1分~3分で口座開設可能です!

将来のお宝を今の内にコツコツと仕込んでおきましょう!!