巷では億り人という言葉が密かに流行っているらしい・・・

最近インターネットでは「億り人」という言葉が密かに流行っているようだ。

ではその「億り人」って一体なんだろう??

簡単に説明すると、仮想通貨の投資で億万長者になった人のことをいうらしい。

仮想通貨をやっている人ならばもうお分かりかと思うが、最近のビットコインの高騰はすさまじいものがあります。

2017年の初めでは『1ビット=10万円台』だったビットコインがあれよあれよという内に50万円超え~100万円超え・・・・そして2017年12月現在では200万円を超えてしまった!

実態の無いバーチャルな仮想通貨・・・つまり単なるデータの塊にすぎないビットコインが1ビット200万円ですよ!!

これは凄い事です!!

ちょっとした車が買えてしまえるレベルです。

スポンサードリンク



何を隠そう・・・・かくゆう私自身も実は「元・億り人」だったのです!

ただ・・・あくまでも「・億り人」ということで現在は億り人ではありません・・・。

去年(2016年)の末頃からビットコインの値動きをウォッチしておりましており、2017年の年初に好奇心でクレジットカードを使ってビットコインを何枚か買いました。(当時は1ビット10万円位で安かった!!)

クレジットカード利用可のビットフライヤーという仮想通貨取引所で買いました。

それ以外にZaif(ザイフ)コインチェックという他社の仮想通貨取引所も口座を開設して「モナコイン」、「XEM(ネム)」、「イーサリアム」、「リップル」なども購入。

モナコインとかネムとかリップルとか去年(2017年初め)の当時、タダみたいな値段だったので調子に乗って大量に買いました!(^^)!

後は放置プレー(ずっと保有)

その後、あれよあれよと言っている間にビットコインは年末に200万円を超えました。

リップルやネム、モナコイン、イーサリアムも連られて爆上げ!!

特にモナコインの上げは素晴らしいものがありましたね!

ボスを「億り人」に導くのに十分な上げでした。

そして億り人に・・・・。

でもその後も売らずにずっと仮想通貨を持ち続けていたので2018年の暴落で利益が半分くらいに・・・。

その結果、「億り人」の座を明け渡すことに(泣)

私が元・億り人になったいきさつはこちらを参照下さい。

参考記事⇒元・「億り人」ボスのプロフィール~1年前に仮想通貨をクレジットカードで買ったら・・

さて、2018年の大調整でビットコインや他の仮想通貨は大きく下げてしまったのですが、これで仮想通貨バブルは終わったとは思っていません(まだこれからが本番だと思っています!)

今後ビットコインは「1ビット=300万円」超えると言っているひともいます。

またある人は「1ビット=1000万円」を超えると言っている人もいます。

今のビットコインを始め仮想通貨の過熱ぶりを見ているともしかしたら本当にそうなるかもしれませんね!

当然ですが、「目ざとい人」や「先見の明がある人」はビットコインや他の仮想通貨を暴落後などのかなり安い値段の時にで沢山買い込むでしょう。

そういう人は資産価値が億を超えるのも簡単ではないかと思います。

正に「億り人」ですね。

ボスも一度はなった事がある「億り人」に再び返り咲く所存でございます\(^o^)/

今後もビットコインやその他の有望な仮想通貨(アルトコインなど)が値上がりしていく可能性は十分あります。

当然、今後も仮想通貨で「億り人」がドシドシと誕生するでしょう。

御多分に漏れず・・・ボスもまだ今後も続くであろう仮想通貨バブルに乗っかって2度目の億り人を目指そうと思っており引き続き仮想通貨投資を続けます。

ボスも2度目の「億り人」になれるかしら??

インターネットで初めてビットコインを知る

ボスが初めてビットコインや仮想通貨を知ったのは去年の暮れごろです。

FacebookなどのSNSでやたらに「ビットコイン!」、「ビットコイン!」・・・とタイムラインで騒いでいる人達が増えてきているのを見かけました。

『ビットコイン??なにそれ??』・・・・その当時はそんな認識しか持っていませんでした。

ボスはもともと昔から古銭が好きで以前からずっと現物の古銭や金貨を趣味で買い集めております。

その現物コインや金貨を買ってきていたボスにとって実態の無いビットコインや仮想通貨は得体の知れないモノに思えました。

またビットコインや仮想通貨はいわゆる「電子マネー」や「ポイントサイトのポイント」程度のモノだろう・・という認識しか持っていませんでした。

確かにビットコインや仮想通貨は電子マネーやポイントなどの一面も持っていますが、色々調べてみるとそんな単純なものでは無いらしい。

インターネットの仮想通貨情報やアマゾンのkindle本などでビットコイン入門書を取寄せて色々調べてみると結構高度で面白い技術であることが分かりました。

また株や為替取引(FX)みたいに投資対象であることも知りました。

ボスも昔から株やFXをやっているので当然仮想通貨の投資に興味を示し始めました。

そして、ある日「仮想通貨投資を始めてみよう!!」、「まずはビットコインとやらを買ってみよう!!」と思い立ちました。

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座を開設してみた!

ビットコインや仮想通貨に興味を持ち始めたボスは去年の今頃(2016年12月頃)に仮想通貨取引所の口座を開設してみた。

初めて開設した口座がbitFlyer(ビットフライヤー)と言う所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)はこちら

なぜビットフライヤーを選んだのかと言いますと、日本国内では最大手で日本の名だたる複数の大手企業がビットフライヤーに出資しているからです。

「これならば倒産リスクはほとんど無いだろう・・」と安心できる仮想通貨取引所だと思ったので口座開設しました。

口座開設は恐ろしく簡単でお手軽だった・・。

わずか2~3分で口座が開設できたのです。

あまりにも簡単に口座が開設できたので最初は「大丈夫かここは?」と不安になったものです(笑)

その後、本人確認の認証なども済ませていざ仮想通貨投資の参戦!!・・・と思いましたが、あまり気がのらない・・。

去年の今頃はまだ仮想通貨に対して「怪しい」というイメージが残っていてなかなかお金を出してまでビットコインや仮想通貨を買う気にならなかったのです。

また去年は今よりずっとビットコインは安かったのですが、それでも「1ビット=数万円」の値段でした。

だから「実態の無いデーターに数万円払うのも勿体ない」と思ってました。

以前から古銭やアンティークコイン、金貨などを買い集めていたボスにとっては「ネットの電子データーの仮想通貨」は怪しく思えましたし、得体の知れないモノにも思えました。

今思うと残念でしたね(汗)

結局ボスが迷いに迷って買ったビットコインは数枚(たしか4枚くらいかな?)でした。

しかもクレジットカードで買いました(笑)

去年の今頃もっとごっそりビットコインを買い込んでいれば今頃更に大儲けが出来ていたでしょう。

「元・億り人」どころか「元・2億り人」、「元・3億り人」くらいにはなっていたかもしれません。

しかし今だから言える事で、当時はやっぱり「電子データーの塊」の実態の無いビットコインを沢山買う気にはなれませんでした。

今思うと実に勿体ない!!(笑)

2017年12月現在で1ビット200万円以上ですよ(汗)

はじめてのアルトコイン購入!仮想通貨投資デビュー

口座を開設したけどビットコインが当時10万円以上の値段で当時の感覚としては「高い」と思っていたボスはなかなか大量購入に踏み切れませんでした。

3~4枚で満足って感じでした。

しかし仮想通貨というのはビットコインだけでなく、どうやら他にもアルトコインというのが沢山あるらしいのを知りました。

イーサリアムとかネムとかリップルとかモナコインとか・・・。

これらの値段を見たらビットコインよりもずっと安かったのです。

イーサリアムは当時1万円位、ネムやリップル、モナコインなんて数円~10円位の安値でした。

「これなら抵抗なく買えそうだ!」と思い当時大量に買い込みました。

ビットコインで1ビット=10万円を買うのは勿体ないと思ったのですが、ネムやリップル、モナコインなどの安いコインは10万円以上買っても勿体なくないと感じたんですね(笑)

当時大量に買えたから♪

調子に乗って100万円~200万円以上のアルトコインを大量に買い込みましたね。

これが当時のボスのアルトコインデビューでした。