横浜山下公園

秋晴れの快晴\(^o^)/

海が見たいと思い久しぶりに山下公園の方にお散歩にいきました☆

山下公園の開放的な風景が昔から好きです。

また子供のころから慣れ親しんでいた場所だけに来るたびに懐かしい気持ちにもなります(*´ω`)

今から4年前は山下公園の近くに会社オフィスを構えていて仕事の気分転換によく山下公園を散歩したものです。

もう4年なんですね・・・・あの頃が懐かしいです。

スポンサードリンク



山下公園のイチョウ並木もとっても好きです。

真冬になるとこのイチョウは鮮やかな黄色に染まり、それはそれは見事なイチョウ並木通りに変身します\(^o^)/

山下公園の歴史は?

いつも何気なく歩いている山下公園。

この山下公園はいつどんな目的で出来たのか??

知りたくなったので調べてみました!

関東大震災の復興事業として、横浜市助役だった楢岡徹らが瓦礫などを使って海を埋め立て造成して、1930年(昭和5年)3月15日に開園した。面積は 74,121m2 。なお、横浜市は「日本最初の臨海公園」としているが、海に面する公園が当時既に存在しており、定義が明確ではない。。

1930年に開園となっているのでかなり昔からあるのですね!

現在が2017年だから、、、なんと80年の歴史!!

これは凄いわ\(^o^)/

横浜自体が開港150周年の歴史があるので山下公園も歴史のある古い公園なのは頷けます。

しかし古さを感じさせない洗練された雰囲気は素晴らしいですよね。

開放的な空間だけに「良い気」が流れているような気がします。

山下公園には戦中に沈まなかったラッキー船の氷川丸もあります。

公園全体が強運のオーラが流れているかもしれませんね☆