串カツ田中~新宿歌舞伎町

先日、新宿歌舞伎町の「串カツ田中」に行ってきました\(^o^)/

串カツは大好きでたまに食べに行きますが串カツ田中は初めてでした。

本場大阪の串カツに負けない味と食感で感動しました。

・・・・ていうか、串カツ田中はもともと大阪起源ですね♪

「外はサクサク、中は素材の味がしっかり」・・・これが串カツの醍醐味ですよね。

「ソースの二度漬け禁止」もその場の雰囲気を盛り上げてくれます(笑)

スポンサードリンク



串カツ田中のお店の雰囲気も昭和の懐かしい風情があってボスは心落ち着きます。

お店に来ているお客さん達は平成生まれの若者ばかりでしたが(*^-^*)

安くて美味しい本場串カツがいつでも食べれるんですから、お金にあまり余裕が無い若者にとってもありがたい存在ですよね。

揚げたての串カツやっぱり美味しい♪

この食べた時の「サクッ」という食感も味の一つです。

正に大阪の食遺産!!

この美味しさは見せに来るもの全員を笑顔にしますね!

来ていたお客さんは皆笑顔で食べておりました♪

串カツ田中のサイドメニューも豊富でこれまた美味しい

クジラの刺身なんて何年ぶりだろう

ソースの二度漬け禁止の起源は?

串カツ屋さんにいくとよく見かける壁の張り紙で「ソースの二度漬け禁止」

これは一体どこから発祥したのでしょう??

ボスが調べた限りでは串カツ発祥地の大阪新世界からのようです。

大阪の昔ながらの串カツ屋さんはもともとカウンター越しで串カツを食べるのですが、カウンターにステンレス容器に入ったたっぷりのソースがあります。

このソースがたっぷり入ったステンレスをお客さん同士で共有して使います。

その為に衛生面の理由で「一度付けた串は二度漬けはしないこと」というルールがいつの間にか出来たようです。

また「ソースの二度漬け禁止」というフレーズが何かユーモアがあって面白いので日本中に広がったのかと思いますね。

ちなみに大抵の串カツ屋さんは前菜に「キャベツの皿盛り」をサービスしてくれます。

そのキャベツもソースの二度漬け禁止なのは言うまでもありません。

串カツ田中の起源は?

串カツ田中はもともと大阪西成が発祥のようです。

田中勇吉さんと言う方が始めたとのこと。

現在は貫啓二さんと言う方が社長

副社長が田中洋江さん(先代社長の娘さん)

西成はボスも好きな町で、味のあるエリアですよね。

以前、好奇心で西成の安宿に滞在したこともあります。

参考記事⇒西成あいりん地区一泊1500円の宿体験(大阪旅行記~9)

串カツの起源、歴史は?

串カツ(くしカツ)は、肉や野菜などを串に刺して、衣を付け油で揚げた日本のカツ料理である。
西日本地区(特に大阪府)においては、小ぶりに切った牛肉や魚介類、野菜を個別に串に刺して衣をまぶして揚げた料理を指す。 大阪近辺では、1929年(昭和4年)に開店した「だるま」の女将が、西成区釜ヶ崎の肉体労働者たちのために串に刺した肉を揚げて饗したのがはじまりとされる。

「串カツだるま」が串カツの元祖のようですね。

だるまの当時の女将さんが肉体労働者の為に串に刺した肉を上げて饗したとは・・・大阪らしいですね!(^^)!

なんか食文化の浪漫を感じます。

当時の昭和の串カツ屋さんの光景が思い浮かんできそうです(*´ω`)

ちなみにボスは「串カツだるま」も以前大阪旅行に行った時に食べたことがあります。

こちらもとっても美味しかったです♪

大阪新世界で遊ぶ☆だるま串かつ、スマートボール(大阪旅行記~7)

この記事を書いている今もまた串カツ食べに行きたくなりました\(^o^)/

また明日にでも食べに行こうかな?!