(百鳥~六本木ヒルズ)
百鳥六本木ヒルズ

最近、立ち飲みが気にいっております。

東京都内では「立ち飲み」とか「立ち食い」のお店が増えておりますよね。

六本木ヒルズ・メトロハットにある焼き鳥屋さんの「百鳥」でも立ち飲みスペースがあります。

ボスも仕事後に軽く焼き鳥食べながら立ち飲みすることがあります。

それにしても、このお店は焼き鳥が美味しいですね♪

ついつい色々注文をしてしまいます。

百鳥六本木ヒルズ

百鳥六本木ヒルズ

百鳥六本木ヒルズ

百鳥六本木ヒルズ

百鳥六本木ヒルズ

百鳥六本木ヒルズ

百鳥六本木ヒルズ

百鳥六本木ヒルズ

百鳥六本木ヒルズ

百鳥六本木ヒルズ

百鳥六本木ヒルズ

百鳥六本木ヒルズ

立ち飲みって、飲む側としてもお店側としても色々メリットがありそうです。

まず、お店側としてのメリットは「客の回転が速い」と言う点でしょうか。

混雑時などは客の回転率が良い方がお店側としても売り上げのメリットがあります。

また飲む側としても、混雑時にすぐに席が空くので長時間待たずに済みます。

あと、ボス自身が色々な立ち食い、立ち飲み店を回ってみて感じたのですが、立ち飲み、立ち食いは「ダラダラと無駄な時間を使わずに済む」、「1人でも気楽に飲める、食べれる」というメリットでしょうか。

これが座り席だとダラダラと長居をしてしまい、ついつい飲み過ぎ、食べ過ぎをしてしまいます。

座り席は時間ロスと経済的なロスが多いのです。

あとボスのようにいつも「お一人様」で飲食している人間の場合は、あまりのんびりしていると周りが気になってしまう事があります。

特に混んでいる時など、次のお客さんの為に早く席を空けなければ・・・という気持ちが強くお酒や食事に集中できません。

しかし立ち飲み、立ち食いは基本のんびりしないことが前提なので、そんな気を使う事は皆無です。

「時間の節約」、「お金の節約」、「1人でも気を使う事が無い」・・・・その3点のメリットがあります。

ところで、岡山県などの関西圏では昔から立ち飲み店が多いですが、東京ではまだまだです。

今後、『立ち飲み店』がもっと増えていくのではないかと思っています。