(別府駅前にて)
DSC00988 (450x338)

別府温泉の朝

駅前からスタートでした!

周りには昭和の風情がある温泉古ホテルや宿などがあって味のある町ですこと。

こういう地方独特の雰囲気が好きでボスも色々なところに旅してまわります

DSC00977 (450x338)

DSC00978 (450x338)

DSC00987 (450x338)

DSC00996 (450x338)

DSC00998 (450x338)

DSC00997 (450x338)

DSC00999 (450x338)

DSC01000 (450x338)

DSC01001 (450x338)

DSC01002 (450x338)

DSC01002 (450x338)

しかし、別府は海も近く、海を一望することも出来ます。

山あり、海あり、温泉あり・・・と素晴らしい環境の場所ですね!

DSC01004 (450x338)

DSC01005 (450x338)

DSC01006 (450x338)

DSC01007 (450x338)

DSC01008 (338x450)

DSC01009 (450x338)

DSC01010 (450x338)

さて・・・・別府に来て最初に奇妙に思ったのは、このおっちゃんの銅像です。

愉快な顔をしていて、両手を万歳しているポーズ。

これは一体・・・・何者だろう?

DSC00989 (338x450)

DSC00986 (338x450)

このおっちゃんこそ大分温泉の父といっても過言ではない「油屋熊八」という人です。

興味を持って銅像に書いてあった油屋熊八氏のエピソードを読んでみました。

そしたら、このおっちゃんタダ者ではなくて、一発で好きになってしまいました(笑)

もう今では「心の師」ですね!

DSC00983 (338x450)

油屋熊八氏の簡単なエピソードを書いてみますと、、、昔、大阪で米相場で大成功し巨万の富を築きました。

しかし、その後は失敗をして全財産を失いました・・・。

その後、アメリカに単身渡航します。

蒸し暑い当時の貨物船の船底に籠ってアメリカまで渡ったそうです。

そしてアメリカで3年間放浪して、日本に帰国

別府温泉に身を寄せて事業を起こし、成功し別府観光の父・別府の恩人と言われるほどになりました

ちなみに湯布院の礎も油屋熊八氏が起こしたと言われております。

人間大きく失敗して一文無しになっても、努力次第で再度復活できます!

ボスは3月に別府温泉に行きましたが、その当時仕事の方が上手くいかず、色々悩んでおりました。

何か仕事のヒントでもあればと思い九州の地に旅しにやってきましたが、別府に来て本当に良かったです。

油屋熊八氏のエピソードを知って勇気が沸いたからです!

まだまだ再起できる!!・・・と

今では油屋熊八氏は心の師ですね。

仕事で上手く行かなくて辛い時があると心の師を思い出します。

人生まだまだこれから!!

そんな油屋熊八師匠にあやかってボスもポーズを取りました!!

DSC00995 (338x450)