(シナモンロール:六本木シナボンにて)

DSC01662 (450x338)

先日、体が無性に甘い物を欲していたので仕事場の近くにある「シナボン」に行ってきました。

ボリューム満点の手作りのシナモンロールがウリで、一口食べると甘~~~いスイートシナモンの風味が口の中に広がります。

人によっては「甘すぎる」と感じるでしょう。

大の甘党であるボスは幸せ感じる甘さですね(笑)

シナボンは手作りで作っている作業がガラス越しで見れる

六本木のシナボンはヒルズノースタワーがある道路沿いにお店があり、ガラス越しでシナモンロールを作っている光景を見る事ができます。

DSC01654 (450x338)

DSC01657 (450x338)

小麦粉の生地からシナモンロールが出来上がるまで面白くて、いつも通りがかる度に思わず立ち止まって見てしまうのです(笑)

ボスにも作れるかな??

DSC01658 (450x338)

シナボンはお店でシナモンロールを食べることも出来ますが、テイクアウトも可能です。

ボスはお家で、ほろ苦いブラックコーヒーと合わせて食べたいのでテイクアウトが多いですね☆

シナモンロールは大サイズと注サイズ、小さいサイズがありますが、是非中サイズか大きなサイズを食べて欲しいですね。

小さいのとは迫力が全然違います

甘党にはたまりません♪

DSC01659 (450x338)

DSC01660 (450x338)

DSC01661 (450x338)

DSC01662 (450x338)

一つ食べたらかなり満足できます

2つ食べたら「もう暫くは甘い物はいいや・・」ってなります(笑)

シナモンロールの起源は?

シナモンロールはもともとスウェーデンで発明されたと言われております。

確かに、スウェーデンらしい北欧のお菓子って感じがしますね。

シナモンロールはアメリカでも人気でお店が沢山あります。

ちなみに「シナボン」はもともとアメリカのチェーン店です。