六本木ヒルズで生活していると、毎週毎週本当に面白いイベントをやっているなぁと感心させられます。

今年2月の初めにヒルズ・アリーナ広場行われている日本酒のイベント『CRAFT SAKE WEEK』も酒好きの私にとっては非常に興味深いイベントでありました。

全国の名蔵元が集まり出展しており、色々な日本酒を楽しむことができます

DSC09794 (500x375)

DSC09799 (500x375)

DSC09798 (500x375)

アリーナ広場の真ん中は盆踊りの櫓みたいなものが建てられておりました。

夏の六本木ヒルズ盆踊りを思い出します(笑)

六本木ヒルズの日本酒イベントでは敷地内で、仮装コインを購入し「オチョコ」と「プラスチックのコイン」を受け取ります。

そして、そのプラスチックの仮装コインで敷地内にある屋台やお店で色々な日本酒を注文して飲み比べることが出来ます。

また、料理の屋台も数店、出展しておりました。
料理も仮装コインで注文して食べ歩くことができます

いずれも日本酒のおつまみとして適した料理が出されておりました

まぁ、日本酒好きの人にとっては心ワクワクするイベントです🎶

ボスも日本酒大好きなので早速、仮装コインを購入して食べ歩き飲み歩きをしました

DSC09795 (500x375)

DSC09796 (500x375)

この日は北風吹く、冬の寒い夜だったので、日本酒とアツアツのおでんを頂きました。

ちなみに日本酒は東北の大吟醸酒でした(名前は忘れた・・・)

DSC09801 (500x375)

DSC09802 (500x375)

DSC09803 (500x375)

うん、お酒も日本酒も美味しかったよ!!

日本酒は日本が誇る素晴らしい文化だと思います

ワインやウィスキーなどの世界の洋酒にも負けないと思います。

熟練した職人によって作られた純米酒や純米吟醸、純米大吟醸など、ほとんど芸術の域に達していると驚愕することお度々あります。

今回の六本木ヒルズの日本酒イベント『CRAFT SAKE WEEK』をきっかけに、日本酒についてもっと知りたくなったし、日本酒についての不思議について知りたくなったので、色々調べてみました。

今日は「日本酒の起源っていつから?」「吟醸酒や大吟醸酒ってお米が原料なのに、なぜフルーツの様な味がするのか?」について調べてみました

日本酒の起源っていつから?

日本酒の起源については色々な説があり、謎が多いようです。

縄文時代~弥生時代に始まったという説もあれば、さらに昔の紀元前4800年に中国で稲作が始まって、そこでお酒が造られて日本に輸出されたという説もあります。

いずれも、あくまでも説でありどちらが正しいのかは分かりません。

ただ一ついえることは日本酒はお米のお酒ですから、稲作が始まってから、それ以降に誕生したと推測できます

あと、縄文人は日本酒が世に出る前からお酒を造って飲んでいたようです(お酒の痕跡がある遺跡が発見されている)

ただ、このお酒はキイチゴやヤマブドウなどを発酵して作られたお酒だったようです。

あと平安時代には今の日本酒とほぼ変わらない製法で色々な日本酒が作られていたようです。

そして江戸時代には商品として日本酒が流通していたという。

純米吟醸酒や純米大吟醸酒はなぜフルーツみたいな風味なのか?

以前から日本酒に対して疑問を持っていたのが「なぜ純米吟醸酒や純米大吟醸酒はフルーツみたいな風味なのかな?」という不思議でした

純米(大)吟醸酒は純粋にお米だけで作られたお酒です。

しかし爽やかなフルーツ風味(メロンやリンゴみたいな果実風味?)が強いです。

あれって、どうしてそうなるんだろう??

決してフルーツの添加物を入れているわけではありません。

でもフルーツのような風味です

これについては若いころから不思議でした。

でも、この謎も解けました!!

吟醸酒や大吟醸酒がフルーティなのは「酵母のいたずら」によるものだったのです!

吟醸酒や大吟醸酒という日本酒は、お米の表面を丁寧に削って作ります。

お米の表面には「タンパク質」が沢山含まれおります

純米酒や純米大吟醸酒は、製法過程でお米の表面部分(タンパク質の部分)を削ってしまいます

お米の芯の部分は「デンプン」しかありません。

吟醸酒や大吟醸酒は、お米の芯の部分「デンプンの部分」に酵母を使って発酵させます。


しかし、「お米の芯の部分(デンプン)はタンパク質という栄養素が無いので、酵母が十分に発酵という作業ができません。

そこで、奇跡(?)が起こります!

タンパク質などの栄養が足りないと判断した酵母は自ら栄養を作り出します。

その時に酵母が作りだした栄養素はフルーツのような香りがするんです。

自然の神秘ですよね?

こうして出来上がった吟醸酒や大吟醸酒は元々タンパク質を使わず発酵して出来たお酒なので余分な雑味がなく清流のような爽やかで上品なお酒に変身します。

『タンパク質などの栄養素が無いから、自ら酵母が栄養を作り出してお米を発酵させる』・・・・神秘と言って言いのか?それとも科学と言っていいのか?

今後、吟醸酒や大吟醸酒を飲むときは、神秘的な気持ちで頂けそうです!!

偉大な日本酒に乾杯!

そして神秘的な吟醸酒と大吟醸酒に乾杯!!