(彼岸花:横浜市青葉区)
DSC05269 (450x338)

秋になると楽しみなのが道端の彼岸花を見る事です。

ボスは子供の頃から彼岸花が好きです。

なんか神秘的なイメージがするからです

世間では彼岸花の事を「幽霊花」とか「毒花」とか言われております

確かに禍々しい形の花でありますし、幽霊っぽくも見えます。

また実際に強い毒性を持っております

しかし、その禍々しい中に神々しさもも感じます。

実際に、彼岸花は昔はお墓や田畑では害虫をよせつけない守り神的な花でもありました。

DSC05191 (338x450)

DSC05270 (450x338)

DSC05272 (450x338)

DSC05274 (450x338)

当時、江戸時代にお百姓さんが作物を害虫から守る為に、畑や田んぼのあぜ道などに彼岸花を植えておりました。

その球根、根っ子が今の時代まで受け継がれていき平成の今でも秋になると真っ赤な花を咲かせます

歴史とロマンを感じます

秋になると彼岸花を見て一人、感慨深い気持ちになり感動するボスであります

旅行をしながら、遊びながらお金が稼げる仕組みの作り方