(山内一豊&妻・千代の銅像:高知城の敷地内にて)
DSC02728 (450x338)
DSC02784 (450x338)

高知県といえば坂本龍馬が有名ですが、坂本龍馬の人気が際立ちすぎて独り歩きしているような気もします。

しかし、高知県には他にも有名な歴史上の人物がいます。

それが山内一豊とその妻の千代ですね。

戦国時代の頃の高知城の城主です。

山内一豊とその妻の千代の逸話は有名ですよね。

「内需の功」の代名詞のようなお話。

妻の千代がコツコツと貯めていた貯金で夫の一豊に名馬を買い与えました。

その名馬が当時の覇者、織田信長の目に留まり、一豊のその後の出世のきっかけとなったそうです。

当時では武将が名馬を持つという事は凄い社会的地位に影響したそうです。

現在でもそうですが、ポンコツの軽自動車に乗っているビジネスマンよりもベンツやベントレーに乗ったビジネスマンの方が社会的評価が高いですよね?

当時、戦国時代では名馬を持つ事は現在の名車を持つこと以上の威力と効果があったわけです。

そして、その後も妻の千代は夫の一豊を陰ながらずっと支えて行き、ついに一豊は高知城の城主となりました。

日本では『スーパーあげまん』の代名詞的存在の「千代」

私にとっては女神様みたいな女性ですね🎶

男が出世するには、その男の努力も大事ですが、それを支える妻の力も大きいと思います。

世の中には男をより一層盛り立てていく女もいれば、男をダメにする女もおります。

男として生まれて来たからにはやっぱり男を盛り上げていく女の方が良いのは言うまでもありません。

現在では「男の仕事のモチベーションを上げてくれるような女」・・・・それが内需の功を持った女ではないでしょうか。

男の価値の多くは仕事力で決まるとボスは思っているっているからです


(毎日が日曜日!自由人生活を送りたい方に)

時間的・経済的自由人になれる方法をメルマガで日々配信しております(購読無料)

一部の人だけが知っている『あるコツ』を身に付ければ自由な生活が実現できます!

詳しくは・・・・・

自由人生活のノウハウを知りたい方はこちら