(夜のはりやま橋:高知県)
DSC02659 (450x338)

高知市内にある「はりやま橋」に行って来ました。

『よさこい節』でも唄われており、悲しい恋話としても有名な名所ではありますが、「日本3大がっかり名所」としても有名です(笑)

ちなみに日本3大がっかり名所は「札幌時計台」、「長崎のオランダ坂」、そして「高知のはりやま橋」です。

まぁ、実際に観に行った感想は・・・確かに大通りに面した場所にポツンと小さな橋が架かっているだけの簡素な名所ではあります。

しかし、ボスは意外に良いと思いました(笑)

『結構風流でいいじゃん!』・・・・て感じです。

最初から期待せずに観に行ったからでしょう。

夕方~夜の時間帯というのも大きいかも?!

薄暗い通りに少し寂しげにかかっていた小さな橋が何とも言えずに昔から語り継がれてきた伝説とリンクして感情移入してしまったのかもしれませんね。

DSC02629 (450x338)

DSC02630 (450x338)

DSC02632 (450x338)

DSC02633 (450x338)

DSC02634 (338x450)

DSC02660 (450x338)

ちなみに語り継がれてきた「はりやま橋の伝説」とは簡単に説明すると・・・

「お坊さん」と「町娘」の駆け落ち話です。

修行僧と町娘との恋は当時では許されぬ恋だったのです。

結局2人は駆け落ちします。

しかし捉えられて2人とも国許から追放処分に・・・・

その後はお坊さんも町娘もそれぞれ別の人と結婚して幸せに暮らしたそうです・・・。

ところで・・・駆け落ち当時のお坊さんの年齢が37歳、町娘の年齢が17歳だったそうです。

年の離れた恋ですね!

男女の恋に年齢差は関係ないのは昔も今も変わりませんね(笑)

・・・ところでボスは既に『日本3大がっかり名所』は制覇しました!

「札幌時計台」、「長崎オランダ坂」、「高知はりやま橋」の3つを巡りましたね🎶

感想は3つとも別にがっかりではありませんでしたよ。

いずれも味のある名所で良かったと思います。

人が感動しない所で感動する傾向があるボスの感性が変なのかな?!


(毎日が日曜日!自由人生活を送りたい方に)

時間的・経済的自由人になれる方法をメルマガで日々配信しております(購読無料)

一部の人だけが知っている『あるコツ』を身に付ければ自由な生活が実現できます!

詳しくは・・・・・

自由人生活のノウハウを知りたい方はこちら