イーサリアムクラシック(ETC)について

⇒イーサリアムクラシックはイーサリアムからハードフォーク(分裂)で誕生したアルトコインです。

「THE DAO事件」のハッキング騒ぎで誕生したアルトコインでイーサリアムよりもセキュリティを重視した通貨であります。

⇒機能や性能は母体であるイーサリアムとほとんど一緒でありスマートコントラクトを実装

⇒イーサリアムクラシックは分裂元のイーサリアムと同じく通貨としての機能よりも、プラットフォームとしての機能が期待されております。

参考記事・・・・イーサリアムの将来性~ETHは第二のビットコインになりえるか?

⇒正式な通貨名がEthereum Classic(イーサリアムクラシック)

⇒通貨の略称が「ETC」

⇒2016年7月にリリース

⇒イーサリアムクラシックの発行量上限は原則無し

⇒イーサリアムクラシックは「非中央集権」で運用されております。

⇒DAOハッキング事件によってイーサリアムの「中央集権」(イーサリアム財団)的なやり方に反発して分裂したので非中央集権的な要素が強い通貨です。

⇒イーサリアムクラシックのメリットは・・・非中央集権的で運営の権限が強すぎない点

⇒非中央集権的過ぎて母体であるイーサリアムよりも運営の開発力が弱い点

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴、技術、スペック、機能など

⇒イーサリアムクラシックはスマートコントラクトを実装しております。

⇒スマートコントラクトとは、、別名『契約の自動化』、『賢い契約』ともよばれています。

⇒ビットコインは取引記録をブロックチェーン上に残しますが、イーサリアムクラシックのスマートコントラクトはブロックチェーン上に取引の記録にプラスして「契約情報を記録」出来ます。

⇒このスマートコントラクトの技術を使う事で色々なビジネスや実業などで「契約の自動化」が可能となります。

⇒なのでスマートコントラクトを実装したイーサリアムやイーサリアムクラシックは次世代のITとも言われております。

詳しくは・・・スマートコントラクトについて分かりやすく解説(機能、性能、実用性、将来性)

⇒もっと簡単にスマートコントラクトを説明すると、
改ざん等ができないブロックチェーン上に「契約内容」などの情報を張り付けることが可能な仕組みです、

⇒スマートコントラクトは契約の自動化が可能となるシステムなので、将来金融取引や不動産取引、法律文書、その他の契約などが仲介業者等が不要で実現できるようになります。

⇒現在ではスマートコントラクトはICOでの資金調達dApps(ブロックチェーンでのアプリ開発)に活用されています。

イーサリアムクラシック(ETC)の将来性・今後は?

⇒イーサリアムクラシックはイーサリアムほど知名度はありませんし、ブランド力もありません。

⇒またイーサリアムほど通貨の値段も高額ではありません。

⇒イーサリアムクラシックはイーサリアム程では無くても根強いファンも多いので通貨の値段は比較的、安定しておりますが力強く値上がりするという訳でもありません。

⇒従って今後もよほど大きな材料でもない限り大きく値上がりするとはあまり考えられません。

ちなみにイーサリアムクラシックの今後は・・・

⇒ハードフォーク(エアドロップ)で仮想通貨Callisto(カリスト)がイーサリアムクラシックから分裂して配布

⇒イーサリアムクラシックの「ETCウォレット」をリリース

⇒イーサリアムクラシックの「ETCモバイルウォレット」をリリース

⇒イーサリアムETHとオペコードの互換性を持つようになる

「Emerald Project & Emerald SDK」をリリース

(今後の投資対象としてはイーサリアムクラシックは?)

⇒イーサリアムクラシックは2018年3月現在では1500円位です、それほど高く無いので10枚程度持っておけば良いかも?

⇒投資するならイーサリアムをメインに買った方が良いような気がします。

イーサリアムクラシック(ETC)が買える仮想通貨取引所は??

イーサリアムクラシックは日本で最大手の仮想通貨取引所である「ビットフライヤー」で購入する事が出来ます。

数ある仮想通貨取引所の中で最も安心できる所です。

今までも他の仮想通貨取引所とは違いトラブルもありません。

ビットフライヤーでいーあリアムクラシックを購入する

⇒投資は自己責任で!!