(安心して仮想通貨取引を行うなら・・)

日本最大級、セキュリティも優れた仮想通貨取引所といえば~ビットフライヤー


スマートコントラクトとは?

⇒スマートコントラクトとは=コントラクト(契約)をスマート(賢く)に行えるシステムです。

⇒もっと分かりやすく説明すると、、「契約の自動化」、「契約の効率化」、「契約から確認、履行、支払い」まで自動的に行えるシステムです。

⇒スマートコントラクトは契約や取引を自動化できるので、取引や契約、決済時間の短縮や不正の防止、仲介者、業者を介さなくても契約が可能です。

※結果的に時間コストと金銭コストの削減に貢献すると期待

⇒スマートコントラクトはブロックチェーン技術がベースであります。

※ブロックチェーン過去のデータの実行履歴を全部記録を行い、公開できる技術。

⇒身近な例をあげると・・・「自動販売機」もスマートコントラクトの原理

⇒スマートコントラクトの歴史は実はビットコインやブロックチェーンよりも古い

⇒1994年に法学者であり暗号学者でもあるNick Szaboによってスマートコントラクトは初めて提唱

⇒スマートコントラクトはそのブロックチェーン上に契約データなどを載せることが可能です。

⇒将来、スマートコントラクトは契約、取引などの社会経済を支えるインフラとして活躍するであろうと言われております。

⇒スマートコントラクトはユーザー同士が直接取引を行う非中央集権型のサービスを実現できます。

⇒つまり株の取引きや為替の取引、仮想通貨の取引なども中間業者(証券会社や銀行、仮想通貨取引所)など不要でユーザー同士が直接取引できる。

スマートコントラクトのメリット

⇒中央集権型の撤廃(中間業者不要)により手数料が節約できる

⇒契約の自動化により時間の短縮、手間がかからない

⇒契約や取引の改ざんや不正がされない

⇒AIとの併用

スマートコントラクトのデメリット

⇒スマートコントラクトはあくまでもプログラムなので曖昧な内容、言葉上で難しい解釈が必要な規約や免責条項などの定義は現状の技術では困難

⇒従来の契約をそっくりそのまま代替できるとは限らない

⇒改ざんや不正処理、バグ、システムの惰弱性によるリスクもゼロでは無い

⇒産業や実社会に実用化されるにはまだ年月がかかる

⇒既得権者の抵抗

スマートコントラクト実装の代表的な仮想通貨は?

⇒イーサリアム、ネム、リスクなどが有名。

⇒最近はスマートコントラクト型の仮想通貨、草コイン等も続々と数多く登場しております。

⇒最初にスマートコントラクトを実装した仮想通貨はイーサリアムです。

⇒イーサリアムのコンセプトはブロックチェーン上に「契約」を載せることが可能。

スマートコントラクトの将来性

⇒金融機関を介さない金融商品等の取引

⇒イベントなどの自動執行

⇒ユーザー同士の物品や不動産、金融商品の売買

⇒電力会社を通さない電力やエネルギー等の取引

⇒不動産登記が手間や時間できてコストもかからなくなる

⇒シェアリングサービスの普及

⇒IoTの普及(電気製品や自動車等の自動化)

⇒紙面による契約や押印、サイン等が不要

⇒選挙の不正防止と効率化

⇒訴訟の効率化による訴訟時間やコストの大幅削減など

(安心して仮想通貨取引を行うなら・・)

日本最大級、セキュリティも優れた仮想通貨取引所といえば~ビットフライヤー