(安心して利用できる仮想通貨取引所)

ビットフライヤー~業界で最もセキュリティ強固、最大手で今のところトラブルなし

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブロックチェーンとは?仕組みや特徴を簡潔にわかりやすく

⇒ブロックチェーンとは=「取引データ」の事をいいす。

⇒ブロックチェーンは改ざんや不正書き込みがされ難いセキュリティの優れたデーターベースともいえます

⇒ブロックチェーンでいう「取引データ」は「取引履歴」でもあります。

⇒ブロックチェーンでいう「取引データ=取引履歴」を『トランザクション』と呼びます。

⇒ブロックチェーンの『トランザクション(取引履歴)』をまとめたものを「ブロック」と言います。

⇒「ブロック(取引履歴をまとめたもの)」が鎖のように連なって保存されたものがブロックチェーンです。

⇒ブロックチェーンは世界中のコンピューターに分散されて管理されております。

⇒従って、ブロックチェーンを利用した仮想通貨は政府や銀行などの中央集権的な管理機関が存在しません(例外はありますが)

⇒ブロックチェーンは「分散」して ユーザー同士が管理し合うシステムであります。

ブロックチェーンのメリット

⇒ブロックチェーンは世界中のコンピューターに分散されて管理されているのでサーバーダウンがありません。システム障害に強い

⇒ブロックチェーンは不正の書き込みや改ざん、ハッキングに強い

⇒ブロックチェーンは大きなサーバーやコンピューターが不要なので低コストで運用できます。

中央集権化を防止できる

※つまり特定の管理者によって独裁的にコントロールされない

⇒ブロックチェーンを使った仮想通貨は低コストで送金可能

※これが法定通貨の銀行間送金ですと数百円~数千円かかる

※法定通貨などの海外の銀行へ送金にすると多大な時間とコストと手間がかかる

ブロックチェーンを更に深く分かりやすく簡潔に解説

⇒ブロックチェーンは分散型台帳でユーザー同士が管理しています

⇒分散型台帳でユーザー同士で管理する形式を「P2P(ピアツーピア)方式」といいます。

⇒従ってブロックチェーンを使った仮想通貨は原則、金融機関を介してません。ユーザー同士で管理をし合う仕組みです。

⇒ビットコインを例に挙げると・・・ビットコインで使われているブロックチェーンは複数のコンピューターで分散管理されているのでビットコインと取引はリアルタイム更新ではありません。

※リアルタイム更新ではなく、10分単位でまとめて承認作業が行われております。

※ビットコイン決済で買い物すると決済に10分かかると言われているのはその為です。

ブロックチェーンのブロックの中身

⇒ブロックチェーンのブロックはハッシュ関数で暗号化されております。

⇒ブロックチェーンの取引履歴はオープン化されており誰でも確認できます(一部の匿名通貨は除く)

⇒但し、具体的な取引内容はハッシュ関数で暗号化されております。

⇒ビットコインを例にとると・・・ビットコインの取引履歴はBlockchain.infoというサイトで誰でも確認が可能です。

⇒ビットコインを例にとると・・・10分単位で承認されたブロック(取引履歴)には「取引件数」、「ビットコインの量」、「ハッシュ値」、「前ブロックのハッシュ値」を確認できます。

⇒セキュリティが強い

※暗号化されたデータは不可逆性がありますので特定は困難。

※ブロックチェーンを意図的に書き換えや改ざんをすると分散されたデータと整合性が取れず、すぐに不正がバレるようになっております。

ブロックチェーンの今後は?

⇒ブロックチェーン技術はまだ黎明期であり初期段階であります

⇒まだ実用化があまりなされておらず、インフラも十分に整っておりません

⇒ビットコインなどのブロックチェーンを使った仮想通貨はデータを分散管理されているのでリアルタイムの決済処理が困難

※したがってリアルタイムでの決済処理は今後の課題といえます。

⇒ブロックチェーン技術は優れた次世代のITと言って過言では無いのにまだ認知度が低く実用化が遅れている。

※技術が先行しすぎて実用化がついてこれていない

⇒今後の実用化に期待です!

(安心して利用できる仮想通貨取引所)

ビットフライヤー~業界で最もセキュリティ強固、最大手で今のところトラブルなし